タグ:ポールマッカートニー ( 59 ) タグの人気記事

Hey Jude / Paul McCartney

ロンドンオリンピック開会式。
出ましたね、ポール。

「Hey Jude」を歌うということは知っていたのですが、
いきなり「The End」のフレーズが。
これは意表をつかれた形に・・・。

開会式なのに「The End」?とか思ったりしたのですが、
歌詞の意味するところがあったのですかね。


現在70歳のポール。
さすがに老けたな~と思いましたが、
あの年齢であれだけのパフォーマンスができるのですから、
あっぱれですね。

でも、「Hey Jude」は
どちらかというと閉会式の方が合っていそうな感じです。

オリンピックの開会式で
ポールが観られるというのも感慨深いものがありました。

動画は、
オリンピックではなくて、
モントセラト島救済コンサートの映像です。

エルトン・ジョンがいて、スティングがいて、
エリック・クラプトン、フィル・コリンズも。
豪華な面々です。



by nowhere1967 | 2012-07-30 22:57 | ビートルズ | Trackback | Comments(8)

またまたご無沙汰してしまいました。

とりあえず、ぼちぼちと更新させていただきます。

ファン・クラブの広報誌とでもいうのでしょうか、
『月刊ザ・ビートルズ』6月号に、
「Only Love Remains」について触れている箇所があり、
懐かしくなり当ブログに投稿。


アルバム『PRESS TO PLAY』は、
ポールにしてみると音がハードな作りですが、
その中にあってこの曲はメロディーが綺麗な曲ですね。

動画はポールが音楽番組に出演したときのものと思われます。


by nowhere1967 | 2012-06-17 13:12 | ビートルズ | Trackback | Comments(4)

Ebony & Ivory

ポール・マッカートニーとスティービー・ワンダーのシングル
「Ebony & Ivory」。

1982年3月29日にリリースされているのですね。

ということは30年経っているということですね。

いつまで経っても名曲には変わりありません。



by nowhere1967 | 2012-03-29 23:04 | 好きになった曲 | Trackback | Comments(6)

Girlfriend / Michael Jackson

あれから2年になるのですね・・・。
早いものです。

目覚まし代わりのラジオから衝撃的なニュースが。

「Girlfriend」は派手な曲ではありませんが、
好きな曲です。

この曲について2年前にも投稿したのですが、
動画は削除されています。

そこで再度の投稿です。



Wingsのヴァージョンもどうぞ。

by nowhere1967 | 2011-06-26 00:03 | 好きになった曲 | Trackback | Comments(2)

Figure Of Eight / Paul McCartney

1990年の来日公演で、
オープニングを飾った曲です。

スクリーンに過去の映像が流れて、
「N」「O」「W」の文字。

そしてポールが登場。

あのポールが目の前で歌っているという状況が
しばらくは信じられなかったです。

リンダさんにも
「リンダァ~っ!」って声援が飛んでいましたよ。

僕は初日(3月3日)に行ったのですが、
あれから21年も経つのですね~。

歳をとるわけです・・・。
あの頃は若かったなぁ、なんて思いますね。
僕もポールも。

個人的には、
このときのバンド・メンバーが好きです。

アンコールのときでしたか、
ポールがリンダさんのことを
「リンダです!ウ・チ・ノ・カ・ミ・サ・ン」
と紹介していました。

懐かしいなぁ。


by nowhere1967 | 2011-06-06 14:51 | ビートルズ | Trackback | Comments(2)

エンタメ総合 - エキサイトニュース

3度目の結婚ということになるのですね。

僕は1回も結婚していません。
関係ないけど。

「1回は結婚した方がいいよ」
とか言われたりしていますけどね。

1回はって、
普通1回でしょ?(笑)

まぁ、この年齢になって
どうでもよくなっていますよ。

やっぱりポールにはリンダさんが最良のパートナーだったと思います。

2番目の人は、ねぇ。
言い方は良くないですが、財産目当てだったように
思えてなりません。

今度の人はいい人だといいですね。

動画は
ベスト盤「ALL THE BEST!」のテレビCMです。


by nowhere1967 | 2011-05-07 23:18 | ビートルズ | Trackback | Comments(4)

グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ~ベスト・ヒッツ・ライヴ(DVD付)

ポール・マッカートニー / ユニバーサルクラシック



こちらはCD2枚+DVD1枚の通常盤で購入しました。

前回投稿したビリー・ジョエルのライヴが、
シェイ・スタジアム最後のライヴでした。

そして、
シェイ・スタジアムに替わる新球場、
シティ・フィールドのオープニングを飾ったライヴが、
このポールのライヴ。


2009年7月17、18、19日収録。
DVDにはCD2枚分の全演奏曲(33曲)のライヴ映像を収録。

CDはまだ聴いていませんが、
DVDを観ました。

このライヴのとき、
ポールは67歳ということになりますか。

それを考えると、
全33曲を歌い演奏するパワーは凄いですね。

う~ん、
でもやっぱり曲によっては年齢を感じてしまうことも。

これは仕方ないですね。

前回投稿のビリー・ジョエルのライヴに
ゲスト出演した映像を観たときにも感じました。

声が変わっているといいますか、
声量の衰えは隠せませんね。

でもこうして元気な姿を見せてくれることに感謝です。

こちらには
ビリー・ジョエルがゲスト出演。
by nowhere1967 | 2011-04-30 23:55 | ビートルズ | Trackback | Comments(2)

Golden Slumbers

ドラマーとしてのフィル・コリンズも好きですよ。
数多くのライヴに参加していますよね。

これはモントセラト島救済コンサート。
1997年の映像です。

『アビイ・ロード』のメドレー、
「Golden Slumbers」~「Carry That Weight」~「The End」

「The End」のドラム・ソロ。
リンゴのパートをフィル・コリンズが。

そしてクラプトンのギター。


by nowhere1967 | 2011-04-06 22:51 | ビートルズ | Trackback | Comments(0)

Let It Be

こちらも「ロックの殿堂入り授賞式」の映像です。

ビリー・ジョエルが最初歌って、
途中からポールが登場します。

ビリー・ジョエルは最初だけ、
あとはポールが主役です。
当然といえば当然でしょうかね。

楽器を弾かずに歌うポール、
ちょっと違和感が^^



by nowhere1967 | 2011-02-27 22:39 | ビートルズ | Trackback | Comments(4)

じつは、この曲が世に出た頃。
僕はまだポールのファンになっていませんでした。

「夜のヒットスタジオ・デラックス」に出演しましたよね。

当時の職場の同僚で、中学の同級生でもあったI君。
ビートルズのファンで、僕もI君の影響でビートルズのファンになったのですが。

放送があった次の日。
I君が悔しそうな顔で僕に話しかけてきました。

「昨日、飲み会があって・・・」
「家に帰ってから寝てしまい、ポールを観ることができなかった・・・」

そして、信じられないひとことが!!
「ポール出演のとき、電話してくれたらよかったのに・・・」

こちらとしては、I君がそんな状況であるなどとは夢にも思っていないわけで。

そんなことを言われても困るというものです(笑)


by nowhere1967 | 2011-01-24 12:52 | ビートルズ | Trackback | Comments(4)