<   2008年 10月 ( 37 )   > この月の画像一覧

Looking Up / Casiopea

今の学校教育制度については分からないのですが、僕の学生だった頃は今の時期は2学期ということになっていました。
9月から12月ですね。

小学生時代、中学生時代と、クラスでは目立たない存在でした。
これは高校生になっても変わることはないと思っていました。

ところが、高校2年生の2学期。
僕にとって、その後の人生に影を落とす出来事があったのです。
目立たない存在であった僕ですので、当然、クラス委員のようなものには縁がありませんでした。

しかし、何かの間違いで(そうとしか思えませんでした)、僕はクラス委員に選ばれてしまったのです。
僕の高校ではHR委員(ホームルーム委員)と呼ばれていました。

クラスの人が投票した結果、僕が「当選」する形になったのですが、黒板に書かれた僕の名前を見たとき、悪い夢でも見ている気分でした。

そうこうするうちに、僕にとって居心地の悪い日々が始まったのです。
いうなればクラスの雑用係的な側面もあるHR委員。
授業の始めと終わりの「起立、礼!」も嫌だったなぁ。
教師とクラスメートのパイプ役を果たしたりしなくてはならないことも。

立場上、言いたくなくても言わなくてはならないときも多々ありました。
そのせいか、なんとなく僕はクラスで浮いているように感じることが多くなりました。

今で言う登校拒否とまではいきませんが、学校に行くの嫌だなぁ~と思うことが多かったですね。

話すと長くなりますので、この辺でまとめます。

このときの体験でつくづく思ったのですが、僕は人の上に立つ器ではないな~ということです。
人を引っ張っていくことなんて、とてもではありませんができないと思いました。
今でも、そういう気持ちあります。

僕の高校生生活は、あまりいい思い出がないです。


僕の辛かった時期(高校2年生の2学期)、ほとんど時を同じくして、カシオペアを知りました。
FM放送を聴いていると「Looking Up」という曲が流れました。
すぐに好きになり、この曲が入っているベスト盤を買いました。
学校から帰ると、そのベスト盤ばかり夢中になって聴いていました。
僕の高校生生活は、カシオペアに支えられたといっても過言ではありません。

久しぶりに聴いたのですが、改めて聴くと桜井さんのベースは凄いなぁと思いました。

動画は、その頃とリンクする1984年12月の映像です。


by nowhere1967 | 2008-10-14 13:53 | 好きになった曲 | Trackback | Comments(2)

最近は見なくなりましたが、以前はMTVを何気なく見ていて、流れた曲を好きになるということがありました。

この曲もMTVを見ていて、知った曲です。

この人は、ミス・アメリカに輝いたこともある美貌の持ち主。
曲も美しい。


by nowhere1967 | 2008-10-13 14:41 | 好きになった曲 | Trackback | Comments(2)

映画『優駿 ORACION』

この映画が公開されたのは1988年だそうで。
ということは今から20年前ということになりますね。
この当時、僕は競馬に興味がありませんでした。
したがって、この映画を観ることなく今日に至っていました。

ところが8月下旬、WOWOWにて映画『優駿 ORACION』が放送されたのです。
これを機に、この映画を観ることにしたのです。

で、今になって観た感想を書くのもどうかと思うのですけど・・・。
1ヵ月半も経過すると印象も薄れてきていますし。

この映画が競馬のことを描いているということは何となくイメージできましたし、当時は製作したフジテレビが宣伝に力を入れていたような記憶があります。


上手く文章で表現できない部分もありますが、ここから映画の感想を書かせていただきます。
あくまでも個人的な感想であります。

ひとことで言うのなら、「駄作」。
点数を付けるとしたら、100点満点の30点。

原作を読んだのは10年以上も前のことですので、こちらも細部は記憶にありません。

でも原作の方がはるかに感動しました。
小説を映画化することは難しいということなのでしょう。

原作では、1頭のサラブレッドに関わる様々な人間模様がこと細かく描写されていたように思います。

オラシオン号が誕生してから、ダービー出走に至るまでがドラマチックに描かれていました。
特に牧場主の息子と馬主の娘との絡み。
それにオラシオン号の主戦騎手も絡んで、微妙な三角関係が描かれていたように思うですが、違ったかな。

映画では、馬主が愛人に生ませた息子(主人公の腹違いの弟)が登場したりして、しかも病気だという・・・。
これは原作に出てこなかったと思うのですが。(自信ないですけど)

映画ではむしろ、主人公とこちらの絡みの方が重点的に描かれていました。
騎手との絡みはなし。
この辺が原作と異なっていて興ざめ。

主演の斉藤由貴の演技もイマイチ。

全体的にストーリー性もなく、起伏もなく、淡々とした流れ。
掴みどころのない映画に仕上がっています。

早い話が原作では感動できても、映画では感動できないということです。

「原作」と「映画」は別物でした。
by nowhere1967 | 2008-10-13 14:15 | 雑文 | Trackback | Comments(2)

微妙、毎日王冠

的中はしたのですが、収支はマイナス。
なんとも微妙なことになってしまいました。

的中しないよりいいですけどね。

ウオッカは負けましたが、一度使われたことにより良化しそうです。
しかし、まさかの「逃げ」には驚かされました。



<ワイド>
②-③          370円



本日の投資額 600円 (21800円)

本日の回収額 370円 (7680円)

※カッコ内は2008年累計額
by nowhere1967 | 2008-10-12 23:04 | 競馬 | Trackback

Did It In A Minute / Hall & Oates

アルバム『PRIVATE EYES』収録。

『PRIVATE EYES』収録曲の中で、この曲が一番のお気に入りです。
サビの部分、流れるようなメロディーと絶妙なハーモニーが素晴らしい。



by nowhere1967 | 2008-10-12 14:44 | 好きになった曲 | Trackback | Comments(2)

スーパーホーネットからワイドで。


日刊スポーツ紙のコンピ指数、1位から順に③、⑨、②、⑦、⑬。

この中から指数順位3位の②スーパーホーネットを選択。
前走安田記念8着で、それ以来の4ヵ月休み明けが不安材料ではあります。
ですが本質的に1600~1800mの馬なのではないかと。
ここは走り頃のように思うのですが。


<ワイド>
◎スーパーホーネット
○ドリームパスポート
▲トーセンキャプテン
△フィールドベアー
△カンパニー
△ウオッカ


○-▲も押さえて、ワイド6点100円ずつで。
by nowhere1967 | 2008-10-12 14:08 | 競馬 | Trackback

長岡弁のCM

新潟県のテレビ局で放送されているローカルCM。
僕の地元、長岡の方言でアヒルが「が~、が~」喋ります。

そう、長岡の人って語尾に「が~」を付けて話す人が多くて。
僕は極力「が~」は付けないようにしています(笑)

「何をしているの?」 ⇒ 「なにしてが~」
「そうなの?」 ⇒ 「そいが~」
「●●●なんだよね~」 ⇒ 「●●●が~て」



by nowhere1967 | 2008-10-12 12:54 | 雑文 | Trackback | Comments(0)

音楽の嗜好の一致

さて、以前にもこのブログに登場していただいたミスバニーさん。
30歳女性。

どういうわけか41歳の僕に、ミスバニーさんの方から話しかけてくれました。
それがきっかけでメール交換するようになってから1年と4ヵ月が経過しております。

数ヵ月に一度、土曜日の夜に食事に誘ってくれます。
僕みたいな人間の相手をしてくれる、ありがたい存在。
僕の方からは誘いません(笑)
いえ、特に意味はありませんよ。
僕はただ、土曜日の夜などは家でのんびりしていたいな~と。
筋金入りの出不精ですから。
でも、誘ってくれたら付き合うよ~と。
そんなスタンス。

彼女はカラオケ好きなので、食事しながらお喋りした後はカラオケに行くというのがお決まりのコース。

なかなかの美人で、スタイルもいい。

このように時々遊んだりする分にはいいですが結婚となると・・・。
何かが違う気がします。
家庭的な部分がなさそうで。

その辺は冷静に分析(笑)。

というか、贅沢を言える身分ではないのですけど・・・。


欲を言わせてもらうと、音楽の嗜好が一致するといいのですけど。
あまりにも違いすぎて。

いえ、なにもプログレを聴いてくれとは言いません。
僕の聴いているミュージシャン、どれか1つでも一致してくれたら、それでいいのですよ。
ビートルズでしたら最高ですが、他にカーペンターズでも、竹内まりやでもいいのです。

「カーペンターズ知ってます」というので、おっ!と思ったのですが。
詳しく聞けば、2曲しか知らないとかで。
それでは知っていることにならないよなぁ・・・。

まぁ、音楽の嗜好が違うのは仕方ありません。
年齢が離れていますし。


困るのは、ミスバニーさんはジャニーズ好きでしてね~。


僕の音楽の嗜好を知ってか知らずか、

「KAT-TUNのCDを貸すので聴いてください!!」


これは許してほしい・・・。
by nowhere1967 | 2008-10-12 00:02 | 雑文 | Trackback | Comments(6)

Somethin' Stupid

元テイク・ザットのロビー・ウィリアムスがニコール・キッドマンとデュエット。
ロビー・ウィリアムス、日本での知名度はイマイチですが好きなヴォーカリストです。
イギリスでは大スターの地位を確立しているようですよ。

この曲は竹内まりやと大滝詠一がデュエットしているヴァージョンもあります。

どちらも甲乙付け難いですね。

で、このビデオですが前半はなかなかいい雰囲気です。
しかし、問題は後半部分。
かなり際どい描写があります。
ですので、この動画をUPすることを迷ったのですが、あくまでも曲を紹介するためにUPさせていただきました。

心してご覧ください。


by nowhere1967 | 2008-10-09 13:04 | 好きになった曲 | Trackback | Comments(2)

How Deep Is Your Love / Take That

ある年の年末、FM放送を聴いていたらこの曲が流れました。
いい曲だな~と思い、曲名とアーティスト名を記憶。
後日、CDを買いました。

このときFM放送を聴いていなかったら、この曲もテイク・ザットのことも知らないままだったかも知れません。
テイク・ザットにハマることもなかったでしょう。

後に、この曲はビージーズのカヴァーであることを知りました。
ここではテイク・ザットのヴァージョンをどうぞ。

ビデオの内容はともかく、いい曲だと思います。


by nowhere1967 | 2008-10-08 12:54 | 好きになった曲 | Trackback | Comments(0)