初めて買ったCD

K.ODA
小田和正 / ファンハウス



今は山のようにあるCD。最初の1枚は・・・。
それは小田和正の『K.ODA』です。
初めて買ったシングルレコードが、オフコースの「YES-YES-YES」。
初めて買ったアルバムは、オフコースの『SELECTION 1978-81』。
偶然にもオフコース関連ですね。

『K.ODA』ですが、このアルバムは最初から買うつもりだったわけではありません。

社会人1年目の冬のボーナスでミニコンポを購入しました。
購入したのはいいのですが肝心のCDがない・・・。ということで近くのCDショップへ。
この店は町の電器屋さんが店の片隅でCDを販売していて、お世辞にも品揃えがいいとはいえません。今となっては僕の方がCDたくさんあるかも(笑)
とにかく何でもいいから(というわけにもいきませんが)CDを1枚買っていこうと思いました。
そこで目に留まったのが発売直後の『K.ODA』だったのです。他にめぼしいCDもありませんでしたので、このCDを買いました。
当時は何も気にせず漠然と聴いていました。
先日久しぶりに聴いたのですが、ライナーを見て驚きました。
なんとジェフ・ポーカロが参加しているではありませんか。元TOTOのデヴィッド・ハンゲイトなどの名前も。当時は洋楽に興味ありませんでしたので、ただ「外国人のミュージシャンが参加しているのだなぁ」くらいの認識でしかありませんでした。
小田和正とジェフ・ポーカロにどんな接点があったのか不思議ではありますし、小田和正のアルバムに参加したのは「何故?」と思ってしまいます。そういえば、他のアルバムなどにはネイザン・イーストも参加しています。

さて、このアルバムですが外国人ミュージシャンが参加していることもあるのか、サウンドは重いですね。曲によってはハードなギターが。そのような音作りを狙ったのでしょうけど。
今の小田和正のサウンドとは明らかに違いがあります。
その一方で「悲しみをそのまゝ」、「空が高すぎる」などの綺麗な曲も。
このアルバムが世に出てからもうすぐ19年になるのですが、今になって聴いても古さを感じません。久しぶりに聴いたせいもあるのか、むしろ新鮮でした。
by nowhere1967 | 2005-09-30 22:37 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

100曲モーツァルト

100曲モーツァルト =10枚10時間3000円=
オムニバス(クラシック) カペラ・イストロポリターナ ワーズワース(バリー) モーツァルト ジャーマン・ウインド・ソロイスツ ヤンドー(イェネ) ヴァールヨン(デーネシュ) コンツェントゥス・ハンガリ / エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ


10枚組3000円という価格につられて購入。
クラシックの作曲家の中ではモーツァルトが一番好きですので、モーツァルトの曲をまとめて聴けるのはいいですね。既にCDを購入しており聴いた曲は重複するのですが、ロックですとかポップスのアーティストのベスト盤に相当すると思えば曲の重複は気になりません。
「ヨーロッパで活躍中の一流アーティスト多数参加」と謳っていますが正直知らない人ばかり。
僕が最近のクラッシク界の動向に疎いだけなのかもしれませんが。
CDの価格を考えますと参加アーティストはともかく、曲をそれなりの演奏、録音で聴くことが出来たら「それでいい」と考えます。
東芝EMIも6枚組で100曲モーツァルトものを発売していますが、こちらはオペラの曲の比率が高いように思いましたのでエイベックス盤にしました。
by nowhere1967 | 2005-09-27 11:23 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

AIRPLAY

ロマンティック
エアプレイ / BMGファンハウス



「車の中で聴いたCD」
久しぶりに聴きました。
既に他の方も取り上げていられますが、実に何と言いますか、「これぞAOR」ですね。
今になって聴いても古さを感じない洗練されたサウンド。今度じっくり家で聴いてみたいです。
個人的には「SHE WAITS FOR ME」がよかったです。他には定番「AFTER THE LOVE IS GONE」の本家ヴァージョン?も。マンハッタン・トランスファーの「NOTHIN' YOU CAN DO ABOUT IT」なんかも好きですね。
by nowhere1967 | 2005-09-23 22:46 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

Excite エキサイト : 芸能ニュース

1990年の日本公演初日の公演を観ました。あのポール・マッカートニーが目の前で歌っているなんて最初は実感がありませんでした。ビートルズのファンクラブ(BCC)が会員用にアリーナ席を確保してくれていたのでアリーナ席で観ることが出来ました。それでも少し遠かったですが。肉眼でポールの姿は見えました。
席に着いたところ、なにやら照明などの演出に使用する塔のようなものが立っており、それが邪魔して「ステージが見えにくい」とI君と話していました。するとタイミングよく?スタッフの人が来て「この席はステージが見えにくいですね。代わりの席がありますが移動しますか?」と言いました。僕たち2人は当然移動です。移動した席は障害物もなくステージはよく見えました。
ライヴは当然、素晴らしかったです。ポールの歌声を生で聴けましたし、ポールの姿を生で見ることが出来たのですから感動しました。
しかし心残りがあります。音楽雑誌などで先に行われた海外の公演の特集が掲載されており、演奏曲目も記載されていました。ですので予習バッチリ状態だったわけで、オープニングからエンディング、アンコール曲までライヴの流れが分かってしまっていたのです。
むしろ演奏曲目を何も知らない状態でライヴに臨んでいたら感動の度合いが違っていたことでしょう。
by nowhere1967 | 2005-09-18 23:17 | ビートルズ | Trackback | Comments(0)

ホ○疑惑

昨日(16日)は仕事休みの日。家でのんびりしていたら携帯電話が鳴りました。電話してきたのは職場の人でした。先輩格の人で年齢は40代前半です。「家にばかりいないで、とにかく出てこい」と。
待合せの場所に行ったところ、「スーパー銭湯に行こう」と言われました。僕は気が進みませんでしたが、せっかく誘ってくれたのですし行くことにしました。
銭湯の後、車で周辺を走り公園のようなところへ。ベンチに並んで話をしたのはいいのですが・・・。
この人は「そっち方面」の人なのでは?と思ってしまいました(笑)いわゆるホ○です。やたらボディタッチが多い・・・。僕の太腿に手を置いて離さなかったり。僕の髪の毛をいじったり。僕の股間を触ろうとして、僕が拒否したら「照れ屋さんだね」だって。
それは違うだろう(笑)
しかも「今、勃○してる?」と質問してきました・・・。
「いいえ、してません」と答えたら、「勃○させてあげようか」
「結構です!」
何が悲しくて男性からしてもらわなければいけないのでしょうか・・・。
by nowhere1967 | 2005-09-17 22:09 | 雑文 | Trackback | Comments(2)

「特に印象に残った」ポールのアルバム(Wings名義も含む)
まずは前述しました『Back To The Egg』

『Red Rose Speedway』
後半のメドレー部分がいいですね~。アルバムタイトルからハードな曲が集まっているアルバムだと勝手に想像したのですが意外にもほのぼの路線の曲が多く、いい意味で期待を裏切ってくれました。特に「Little Lamb Dragonfly」という曲はドラゴンという文字を見ただけでハードな曲だと想像しました。ところが静かな曲でした。羊の死を歌った曲とのことです。

『McCartney Ⅱ』
このアルバムがある意味一番の驚きでした。
あのポールがテクノサウンドを・・・。初めて聴いたときはYMOかと思いました。
失礼ながら聴いたときは大笑いしてしまったものです。「Frozen Japanese」などという曲もあったりして。反面「Waterfalls」という曲がありまして、この曲は綺麗な曲です。

『Give My Regards To Broad Street』
ビートルズ、そして自身の曲のリメイクが印象的でした。
特に「Good Day Sunshine」は好きな曲でもあるので、この曲を聴いたときはサウンドが現代の音になっており感動したものです。勿論、ビートルズ・ヴァージョンも素晴らしいです。
「No More Lonely Nights」でのデヴィッド・ギルモアのギターは名演だと思います。

レッド・ローズ・スピードウェイ
ウイングス / 東芝EMI


マッカートニーII
ポール・マッカートニー / 東芝EMI


ヤァ!ブロード・ストリート
ポール・マッカートニー / 東芝EMI
by nowhere1967 | 2005-09-16 22:23 | ビートルズ | Trackback(2) | Comments(2)

ポールのライヴということで『Wings Over America』を購入。(既にビデオの『Rock Show』は購入していました)

日本のロック、ポップス、フュージョンを聴いていた僕を洋楽とビートルズの世界へと導いてくれた同級生。職場の同僚でもありましたが(I君と呼びます)、僕が洋楽を聴くようになったのは彼の影響大です。
ポールの日本公演が決まり喜んだのは勿論ですが、その前に1ヵ月半にも及ぶ研修が待っていました。ポールの日本公演は1990年3月でしたが研修は1月7日~2月20日まででした。車で1時間~1時間半かかる施設での研修でした。寮に入る形で土曜日の午後自宅に戻り、日曜日の夜寮に入るというパターンでした。この研修期間中は良い仲間も出来ましたし、充実したものとなりました。何よりも「ポールを見ることが出来る」という思いが研修期間中の僕を支えていました。

寮~家への往復はI君の車でした。僕は軽自動車ですのでI君が車を出してくれました。
この往復のときにI君が車中で僕の持っていないポールのアルバム(WINGS名義も含む)を聴かせてくれました。
『McCartney』から『Give My Regards To Broad Street』まで。
当時はI君がレコードからコピーしたカセットテープでした。
片道でアルバム1枚~2枚聴けることになります。

この期間にまとめて聴かせてもらったポールのアルバムで特に印象に残ったものは4枚でした。
勿論、他のアルバムも印象に残りましたが「特に」印象に残ったアルバムは4枚でした。

次回は「特に印象に残った4枚のアルバム」について書きます。
by nowhere1967 | 2005-09-14 23:00 | ビートルズ | Trackback | Comments(2)

ビートルズを聴くようになり、ポール・マッカートニーにも興味を持ちアルバムを購入したのが1988年暮れのことです。(1年前に『ALL THE BEST!』を購入していましたが)
購入したアルバムは『Tug Of War』と『Pipes Of Peace』でした。当時は3500円もしました(CD)。
それから『Press To Play』を購入し、やがて『Flowers In The Dirt』を発売と同時に購入。
この年の暮れ(1989年)にビートルズファンクラブ入会を決意。それと時を同じくしてポール来日決定の報が・・・。既にビートルズファンクラブ加入歴5年超の同級生とポールの来日公演に行くことに決めました。                            (続く)
by nowhere1967 | 2005-09-13 23:07 | ビートルズ | Trackback(2) | Comments(0)

星野氏、阪神残留を表明

Excite エキサイト : スポーツニュース

こうなるような気がしていました。
報道は「巨人監督就任で決まり」という雰囲気でしたが・・・。
巨人を相手に闘志を燃やしていた人でしたので、本当に巨人の監督になるのかなと思っていました。阪神ファンも納得でしょうか。

となると、巨人の次期監督は誰になるのでしょうか?
堀内監督は今季限りなのですか?

巨人ファンではないので、どうでもいいのですけど。
by nowhere1967 | 2005-09-10 23:10 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

迷惑メール

本日届いたメールで、こんなのがありました。
件名だけ掲載します。

「この娘が貴方様の言うことを何でも聞きます」

だったら、こんな迷惑メールを送信するのを止めてくれ!
by nowhere1967 | 2005-09-09 22:50 | 雑文 | Trackback | Comments(0)