第70回菊花賞(JpnⅠ)

アンライバルドからワイドで。

折り合いが課題も、血統的には3000mをこなせる要素が。
母父サドラーズウェルズが魅力。
道悪だったダービー以外崩れていませんし、名手岩田が巧く導いてくれることを期待します。

対抗には同じく母父にサドラーズウェルズを持つ、ヤマニンウイスカーを。


<ワイド>
◎アンライバルド
○ヤマニンウイスカー
▲アドマイヤメジャー
△アントニオバローズ
△ナカヤマフェスタ
△リーチザクラウン


○-▲も押さえ、ワイド6点100円ずつ。
by nowhere1967 | 2009-10-25 12:49 | 競馬