LED ZEPPELIN DVD

レッドツェッペリン ディーブイディー
/ ワーナーミュージック・ジャパン





本編のライヴ映像しか観ていませんが、それだけでも十分です。
ボーナス映像については時間のあるときに追い追いと。

この作品はツェッペリンの映像作品の決定版といっていいでしょう。
彼等のパフォーマンスに圧倒されました。

ツェッペリンのライヴ映像素材は多く出回っていないので(非公式のものはあるかもしれませんが)、これは貴重です。

最新のデジタル技術のおかげで映像も音も驚くほど綺麗です。
特にジョン・ボーナムの重いドラムの音は凄い・・・。

1枚目、ロイヤル・アルバート・ホール(1970年)
2枚目、ネブワース(1979年)
この2つのライヴ映像が特に秀逸です。

このときのメンバーはさすがにカッコいいです。
ジミー・ペイジは痩せているし、ロバート・プラントの声もよく出ています。

1990年だったと思いますが、このときの「ネブワース」でジミー・ペイジとロバート・プラントのパフォーマンスをレーザー・ディスクで観ました。
正直、あれあれ~?って感じでした。

記憶が曖昧ですが、たしかギターはサポート・メンバーの人がメインに演奏していたような気がするのです・・・。
ジミー・ペイジは太ってヨロヨロでしたし、ロバート・プラントはかつての高音で歌うのは厳しいものがあるのかキーを下げて歌っていました。


それだけに、全盛期のライヴ映像を観ることができるのは喜ばしいことです。
トラックバックURL : https://nowhere.exblog.jp/tb/6927650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 安達久美 club PANGE at 2008-03-23 00:08 x
私のブログでもご紹介しました。
http://plaza.rakuten.co.jp/sumiko030326/diary/200710060001/
ライヴ映像をたっぷりと収録したファンにはたまらないDVD。2枚組
天国への階段も入っていますね。

★レッド・ツェッペリン★の記事を載せました。

■1つ目:イギリスのホームページはご存知でかもしれませんね。
日本語で表示(テキスト文字)できるURLも掲載しました。
英語で読める方でも結構便利です。

■2つ目:天国の階段の特集を組みました。
そんなこと知ってたよとか、意外に気づかなかった、
これは違うんじゃない等々ご遠慮なく書き込みをしていただければと
思います。

今後もツェッペリンや70年代の記事を主体に掲載していきたいと思います。
ご訪問をお待ちします。
あつかましいお願い、ブログランキングもプチッと応援いただければともいます。
名前
URL
削除用パスワード
by nowhere1967 | 2008-03-22 23:23 | 音楽 | Trackback | Comments(1)