彼女はデリケート / 沢田研二

ロンドンオリンピックの柔道。

この大会で初めて聞く「ジュリー」ということば。

「ジュリー」といえば沢田研二だよな~と(笑)

多分、この手の書き込みは多いのではないでしょうか。

にわかに脚光を浴びる?「ジュリー」こと沢田研二。

さすがにタイガース時代の記憶はありませんが、
僕が小学生の頃から中学生の頃は歌番組の常連でしたね。
特に「ベストテン」とか。

化粧して歌ったり、カラーコンタクトを使用したり、
考えてみると当時としては革新的だったのだなぁと思います。


そんな沢田研二が佐野元春の楽曲を歌っています。
「彼女はデリケート」
沢田研二のヴァージョンもいいですね。




そして佐野元春本人の「彼女はデリケート」です。

トラックバックURL : https://nowhere.exblog.jp/tb/15910306
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by FHIROSE2 at 2012-08-05 09:36
ジュリーが歌ってたんですね!
不勉強にして初めて知りました。
こうやって聴くと最初からこういうグラマラス系のステージを念頭に置いて書いたかのような曲ですな。
ジュリーも元春もブレずにポップな人だから相性いいんでしょうね。
「ロイヤル・ストレート・フラッシュ1」「2」はiPodに入れてます。
Commented by nowhere1967 at 2012-08-05 22:47
>FHIROSE2さん
そうですね、沢田研二と佐野元春、相性はいいですね!!
「ロイヤル・ストレート・フラッシュ」は聴いたことがないのですが、ベスト盤ですよね。
機会があれば聴いてみたいです。
たしかにグラマラス系のステージに合う曲ですね^^
Commented by rollingwest at 2012-08-07 06:04
小生、小学6年の頃グループサウンズの大ファンでザ・タイガースの映画「世界は僕らを待っている」を夢中になって観たものです。「君だけに愛を」「銀河のロマンス」「シーサイドバウンド」「花の首飾り」「廃墟の鳩」・・、今もカラオケで歌います。先日、タイガース再結成でぶブクブクになった肥満のジュリーを見て幻滅いたしましたが・・(苦笑)いつかタイガース特集やってみようっと!

(PS)ジョンロード逝去を悼みディープパープルを公開いたしました~!
Commented by nowhere1967 at 2012-08-07 22:44
>rollingwestさん
好きだったミュージシャンがブクブクに太った姿になっていると幻滅ですよね。
その点、ポールは体型を維持しています。
全盛期のイメージで止まっていたりするので、現在の姿がブクブクですとね・・・。
名前
URL
削除用パスワード
by nowhere1967 | 2012-08-04 23:47 | 好きになった曲 | Trackback | Comments(4)