タグ:山下達郎 ( 28 ) タグの人気記事

Pink Shadow / 山下達郎

ますます出不精に。

ちょっとした物は近くの
ドラッグストアやホームセンターに買いに行くとして、
他の物はCD、DVDなどを含めネットで買うことが多いです。

行動範囲も狭くなっております・・・。

山下達郎の「Pink Shadow」。
ブレッド&バターの曲なのでした。

初期の尖った感じの達郎さん、いいですね。

 ↓  ↓  ↓
Pink Shadow
by nowhere1967 | 2015-03-29 22:57 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ON THE STREET CORNER 2

山下達郎 / ダブリューイーエー・ジャパン


先週は大雪の影響で、出勤が大変でした。

通常は20~25分で職場に到着します。
ところが先週は・・・。

1時間近くかかりました。

渋滞を考慮して、
早めに家を出たのですが。
それでも10分くらい到着が遅れました。

時速10~20kmでのノロノロ運転でした。

仕事に行くだけで疲れましたよ。

今週も雪の予報が出ていますので、
早めに家を出た方がよさそうです。

話は変わります。
先日、
久しぶりに聴いた山下達郎のアカペラ・アルバム
『ON THE STREET CORNER 2』。

一部を除いて全て山下達郎の声によって作られているアルバムです。
多重録音による一人アカペラ。

こんなアルバムを出せるのも達郎さんならでは、ですね。
↓  ↓  ↓
SO MUCH IN LOVE
by nowhere1967 | 2014-12-21 22:44 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

MOONGLOW / 山下達郎

MOONGLOW (ムーングロウ)

山下達郎 / BMG JAPAN


長いこと聴かずにいて、久しぶりに聴いた
山下達郎のアルバム『MOONGLOW』。

旧規格盤で、
なんと参加ミュージシャンの記載がないという・・・。

それはそれとして、いいアルバムであることは間違いない。

『RIDE ON TIME』でブレイクする前のアルバムということで、
隠れた名盤という位置づけになっている感があります。

いきなりアカペラで始まるところが達郎さんらしい。

動画は「RAINY WALK」。
アルバムでは細野さんがベースで高橋幸宏がドラムとのこと。
こちらは1979年のライヴで、
伊藤広規のベース、青山純のドラムです。

貼り付け不可ですので、
こちらからどうぞ。

↓  ↓  ↓  ↓  
RAINY WALK
by nowhere1967 | 2014-11-16 22:44 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

山下達郎『Big Wave』。
夏になると聴きたくなるアルバムです。

当時は高校2年生でした。
アルバムを気軽に買える身分ではありませんでした。

NHK-FMでアルバムの特集があり、
カセットテープに録音して繰り返し聴いていたという思い出があります。


30周年アニバーサリー・エディションも発売になったようで。

う~ん、こちらの購入は見送りかな。



by nowhere1967 | 2014-07-27 22:34 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

昭和40年男

a0009029_22494629.jpg

こんな雑誌が売っていたので、買ってしまいました。
昭和40年生まれの人をターゲットにした雑誌のようです。
僕は昭和42年生まれですが、年代的に近いですし、
巻頭特集が面白そうだったので。

1980年代の日本のポップスを特集しています。

特に大滝さんの『ロンバケ』と、達郎さんの『FOR YOU』の扱いが大きい。
この2枚のアルバムは全曲解説があります。

今日は達郎さんの誕生日ということで、
『FOR YOU』収録の「LOVE TALKIN’(Honey It's You)を。


by nowhere1967 | 2014-02-04 22:55 | 雑文 | Trackback | Comments(4)

山下達郎 初期3作

a0009029_2351766.jpg

早いもので、
達郎さんのライヴから1ヵ月が経とうとしています。

ライヴの余韻が残る中、
まだ聴いていなかった初期の3作を購入。

ライヴ会場でも売っていて、
一瞬買おうかと思ったのですが、
「ここで買わなくてもAmazonの方が安く買えるぞ」
という心の声がして、
その場では買わずAmazonで買いました。

実際、約20%OFFくらいで買えましたよ。

うん、
初期の段階で
もう今の達郎サウンドが確立されているのですね。

セカンドアルバムの『SPACY』。
全曲ではありませんが、
細野さん、佐藤博さん、村上ポンタ秀一さんが参加しています。
現在のバンドメンバーと違うのは当然でしょうが、
それが逆に新鮮。
この段階で一人アカペラが登場。

2枚組ライヴアルバム『IT'S A POPPIN' TIME』。
リマスター効果もあるのか、
音に古さを感じません。
演奏も素晴らしい。
坂本龍一さん、村上ポンタ秀一さんなどが参加。
ポンタさんのドラム、凄いですね。


by nowhere1967 | 2014-01-03 23:22 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

長岡には誰が来ても満席にならないと言われていました。

実際、カシオペアのときは後ろに空席がありました。

今回はさすが達郎さんと言うべきか、満席でした。

それと観客の年齢層が高かったですね(笑)
僕も人のことは言えませんけど。


ライヴ本編は「LOVELAND,ISLAND」で幕。
一度、全員が引っ込む。

それほど時間を置かずに、全員が再登場。

アンコール。

総立ちの観客に向かって、
「どうぞお座りください」
と達郎さん。

アンコール1曲目は、「クリスマス・イブ」。

2曲目、「RIDE ON TIME」。
ここでまた総立ち状態に。
ここから大盛り上がり。

「電車の時間、大丈夫?」
と達郎さん。


3曲目、「愛を描いて -LET'S KISS THE SUN-」。


4曲目、「YOUR EYES」。

そして、ラストは「ラスト・ステップ」。

ライヴ・アルバム『JOY』の1曲目の曲。
その曲をここで聴くことになるとは・・・。

あっという間の3時間半。
充実のライヴでした。

他の人は、
ライヴDVDですとか、テレビでライヴの放送がありますが、
達郎さんの場合、ライヴ・アルバムでしかライヴに接する機会はありませんでした。

こうして生で聴けるときがくるとは。


達郎さんの力強い歌声も素晴らしかったのですが、
バックの演奏も凄かった。

特に伊藤広規さんのベースが印象に残っています。
改めて凄い人なんだなぁと思いましたね。

こうなると、
先日亡くなった青山純さんのドラムも生で聴きたかったなと。


達郎さんが引っ込むと、
もう余韻に浸る間もなく、
もうみなさん席を立つ。

早っ・・・。

そんなものなのですかね。


ライヴって、いいものだなぁ。
でも、条件が揃わないと行きません(笑)


by nowhere1967 | 2013-12-10 23:02 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

僕の席は後ろから6番目でした。

でも小さい会場ですので、眼鏡を掛けたら見えました。
顔はよく見えませんでしたけど。

達郎さんは音響にも拘っていると思われ、
音割れもなく、聴きやすかったです。

以前に行ったカシオペア、
会場は違いますがピンク・レディーのときは
音が割れて聴きにくかった記憶があります。


『Melodies』の30周年記念リマスター盤、
『Season's Greetings』の20周年記念リマスター盤が発売されたこともあり、
この2枚のアルバムからの曲を披露してくれました。

特に『Melodies』からの曲を披露してくれたのは嬉しかった。

その中で「あしおと」、「ひととき」がよかった。

ずっと座っていて尻が痛くなったなぁと感じていたところ、
「Let's Dance Baby」が始まると、
みんな立ち上がる。

♪心臓に~のところで
クラッカーがあちこちで鳴る。

「思ったより多いな」と達郎さん。

ボーナストラック~と言いつつ、
「硝子の少年」を歌ってくれました。


他の会場でも言っているのでしょうけど、
「えぇ~お客さんや~」を連発していましたね~。

MCは業務連絡も多々ありました。
販促トークですね(笑)

「まだお買い求めでない方はロビーに置いてございます~」
「来場の記念にどうぞ~」

(続く)


by nowhere1967 | 2013-12-08 23:01 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

昨日(6日)、行ってきましたよ。

僕の場合、
出不精ということもあり、
条件が揃わないとライヴに行く気にならないという。

今回は条件が揃いすぎ。
これは行くしかないでしょう。

まず地元であるということが大前提。
そして週末であること。
翌日の仕事が休みであること。


会場は長岡市立劇場。
自宅から車で10~15分。
収容人数は1500人ほどの小さな会場。

ここに行くのはカシオペアのライヴ以来、
27年ぶり!


事前に内容が分かると楽しみがなくなるので、
情報のないままでの参戦となりました。

ですので、
1曲目はどの曲か、
あれこれ考えるときが楽しかったですね。


18時30分を少し過ぎたところで、ライヴがスタート!

1曲目は、
「新(ネオ)・東京ラプソディー」
おぉ~、この曲かぁっ・・・。

最初の♪東京ラプソディーの部分を
♪長岡ラプソディーと歌詞を変えて歌ったところで
歓声があがる。

2曲目が、
「SPARKLE」
この曲が1曲目だと思っていたのですよ。

3曲目が、
「LOVE SPACE」
そうきたか~。

達郎さんの声がとにかくよく出ていることに驚きと感動。
バックの演奏力もさすが。

いきなり総立ちになるのかと思っていたら、
そうではなくて、みんな座って手拍子で盛り上がる。

3曲続けたところでMC。
MCも軽妙ですね~。
FM放送の番組そのままの語り口。

「この会場は奥行きが足りなくて、組めないセットが3つばかりありまして・・・・」
「でも、曲が聴ければそれでいいだろ!」
ウォっ~と歓声。

「秋田では3階建てのセットが2階建てになったり。
ユーミンは絶対来ない!」
爆笑。


と、ここまで書きましたけど、
長くなりそうです(笑)

続きは後日に。


by nowhere1967 | 2013-12-08 00:01 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

久しぶりにライヴ

音楽好きなのですが、
出不精なものでライヴには数えるほどしか行ったことがありません。

そんな僕ですが、
これは行かなくては!
というライヴが。

山下達郎。
12月6日と、まだまだ先なのですが、
長岡市立劇場で公演があるのですよ。

自宅から車で15~20分もあれば着いてしまうという会場。

今まで新潟市で2日間公演をしていますが、
おそらく長岡に来るのは初めてだと思われます。


チケットの購入方法も昔とは違うのですね。

プレイガイドに行って買うのでなくて、
まずサイトを通じて申し込み、抽選。

当選したことを受けて、
購入手続き。

コンビニ(ファミリーマート)へ代金支払い。

チケット代金は8,400円也。
それはいいとして、
サービス料とか、システム利用料、振り込み手数料という名目で、
支払い総額は9,215円にもなるという。

サービス料って何?

11月下旬にチケット発行、受け取りとなるのですが、
その際に発券手数料が必要という・・・。

どれだけ手数料を払うのかという話ですね。

滅多にチケットを買わないものですから。
今って、それが普通なのですかね。

ちなみに、
今まで行ったライヴというのは。

カシオペア、ポール・マッカートニー、ビートルズのコピーバンド、
ピンク・レディー。



ということで、山下達郎の
「My Sugar Babe」をどうぞ。


by nowhere1967 | 2013-07-15 22:57 | 雑文 | Trackback | Comments(4)