Won't Get Fooled Again / The Who

しばらく音楽の記事を投稿しませんでしたね。

ということで、久しぶりに音楽の記事を。

ひょんなことから、
The Whoの「Won't Get Fooled Again」が、
海外ドラマ「CSI」のマイアミ編で使われているということを知りました。

僕はドラマに興味がなく、ましてや海外ドラマなんて観る機会がありません。

しかし、この時期WOWOWで放送しているのですね。
先日、観ました。
冒頭部分だけ。

本当に、「Won't Get ~ 」が流れた。
このことに感動(笑)

「CSI」を愛する人に怒られそう・・・。

「CSI」の冒頭部分です。



やっぱり、これですね!!

by nowhere1967 | 2010-10-09 22:08 | 好きになった曲 | Trackback | Comments(2)

Amazing Journey / The Who

ザ・フー:アメイジング・ジャーニー デラックス・エディション [DVD]

ポニーキャニオン


amazonに予約注文していたのですが、今日届きました。
発売日が4月1日になっていたので、届くのは明日かなと思っていました。
4枚組みなので、一気に観るというわけにはいかないかな。
小分けにして観ましょう。

【DISC 1】
ザ・フー : アメイジング・ジャーニー(120分)

【DISC 2】
アナザードキュメンタリー : シックス・クイック・ワンズ(約88分)

【DISC 3】
ライヴ・アット・キルバーン1977(約69分)
・ライヴ・アット・リーズ1970(約5分)
・ライヴ・アット・レイルウェイ・ホテル1964(約8分)

【DISC 4】
ライヴ・アット・ロンドン・コロシアム1969(約72分)
・ロンドン・コロシアム  エクストラ・トラック(約70分)
by nowhere1967 | 2009-03-31 22:56 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

Baba O'riley / The Who

アルバム『Who's Next』の1曲目を飾る曲です。
この曲を聴いただけで、アルバムの出来の良さを予想できました。

初めて聴いたときは衝撃的でした。
シンセサイザーの使い方が現代風で。

エンディングもカッコいいです。


by nowhere1967 | 2009-02-06 23:14 | 好きになった曲 | Trackback | Comments(6)

TOMMY / THE WHO

ロック・オペラ“トミー”
ザ・フー / ユニバーサルインターナショナル



ロックオペラという形態が新鮮に感じた作品。
「OVERTURE」、「UNDERTURE」、オペラを意識していますね。
歌詞の意味を対訳でなく直に理解できたら一層劇的に感じられることでしょう。
ストーリー性を理解して聴くことができたなら、味わいが違ったものになるでしょう。
もちろん歌詞の意味が理解できなくても充分劇的に感じることができます。
今では安価で再発売されていますが、僕が購入したときは2枚組みで5000円以上しました。
しかも歌詞は付いているのですが対訳がないという。
察するに三重苦を背負ったトミーという少年がピンボールをマスターして大スターに伸し上るというストーリーなのでしょうか。(違っていたら、すみません)

ロックオペラと銘打っているだけあって、アルバムの最後に向って盛り上がっていく様は壮快です。
あくまで「ロックオペラ」であり、クラシックのオペラと比較するのは野暮というものです。
オペラの流れを意識せず、それぞれの曲を単独で聴いても名曲揃いです。
by nowhere1967 | 2006-06-28 23:00 | お気に入りアルバム | Trackback | Comments(2)

倉木麻衣

ある日突然、倉木麻衣にはまる

Mai Kuraki 5th Anniversary Edition:Grow,Step by Step
/ ビーヴィジョン





sandance_01さんが記事を書かれたのは1年以上前。
僕もsandance_01さんの記事を読んで以来、気になっていました。
実を言うと、それ以前にも軽く気になっていたのですが。
買ってまで聴く気はありませんでした。

ところが何を思ったのか、先日になって倉木麻衣のDVDを買ってみようという気になり、買ってしまいました・・・。

数年前NHK-BSで倉木麻衣のライブが放送されました。
ほんの一部分を見ただけなのですが、そのときの印象はヴォーカルが演奏に負けているなと・・・。声の出が悪いのではないかと思いました。ライブではこの程度かと、少しがっかりした記憶があります。

しばらく僕の中で倉木麻衣の名前は消えていたのですが、sandance_01さんの記事を読んで再び気になる存在になったというわけです。

そこでCDを聴くより前にライブを観てみようと思いました。

感想は・・・。
なかなかだと思いました。
以前に見たときより声がよく出ているように思いました。
成長しているということでしょうか。
序盤はやや緊張が見られますが中盤以降は堂々としたものです。
バックのミュージシャンに外人の人がいて、演奏もいいです。
曲も聴き易く、心地よく感じました。
観客の盛り上がりもよく、映像作品として楽しむことが出来ました。

で、一緒に買ったDVDは

キッズ・アー・オールライト ディレクターズ・カット完全版
/ BMGファンハウス





です。
この一貫性のなさが僕の持ち味でもあります・・・。
by nowhere1967 | 2006-02-06 22:35 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

打ち止め・・・その後

以前、CDとDVDを買いすぎたので打ち止めにしなければ~という記事を書きました。

その後・・・。
買いまくりました(笑)

そろそろ本当に打ち止めにしないと・・・。


How to Dismantle an Atomic Bomb
U2 / Interscope



ザ・ベスト・オブ・ザ・コアーズ
ザ・コアーズ R.J.ラング / イーストウエスト・ジャパン



Royal Albert Hall London May 2-3-5-6 2005 / リユニオン・ライヴ 05
クリーム / ワーナーミュージック・ジャパン



そうかな
小田和正 / BMGファンハウス



SONORITE(初回限定盤)
山下達郎 RYO 松本隆 竹内まりや / ワーナーミュージック・ジャパン



フォーリング・イン・ビトゥイーン
TOTO / キングレコード



Mai Kuraki 5th Anniversary Edition:Grow,Step by Step
/ ビーヴィジョン





キッズ・アー・オールライト ディレクターズ・カット完全版
/ BMGファンハウス





以前買ったものを含めても全然聴いていませんし、観てもいません。
少しずつ聴いたり観たりしていきたいと思います。
感想も気が向いたら書きますので^^
by nowhere1967 | 2006-01-27 23:09 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

Excite エキサイト : 芸能ニュース

どんな作品になるのか楽しみです^^
ビートルズのアンソロジー的な作りになるのでしょうか。

CDにDVDにと散財させられることになるのかな・・・。
by nowhere1967 | 2005-05-28 21:34 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

Who's Next / The Who

これからは気の向いたときに、お気に入りのアルバムについて書こうと思います。
ビートルズは別格ですので、ビートルズ以外で。
ジャケット写真を掲載する技術がありませんので掲載しません(笑)。
また文書力がないので変な文章になることもありますが、ご了承ください!

まずは『Who's Next』から。
初めて聴いたときにシンセサイザーの使い方が現代的だったので驚きでした。音もいいです。キース・ムーンの破天荒なドラミングも好きですね。極端に言えばリズムキープというよりドラムソロ的なドラミング・・・。
普通のバンドはヴォーカリストが目立つのですが、このバンドはヴォーカリストが一番目立たないという(笑)。ロックオペラの傑作『Tommy』も聴いていただきたいですが、まずは『Who's Next』を聴きましょう。

フーズ・ネクスト
ザ・フー / ユニバーサルインターナショナル
by nowhere1967 | 2004-07-15 23:22 | お気に入りアルバム | Trackback(1) | Comments(11)

ザ・フー

「フーズ・ネクスト」、1973年発表にもかかわらず今のサウンドです!今風の音です!
シンセサイザーの使いかたなんて、知らない人が聴いたら最近発表されたアルバムだと思うことでしょう。
このバンドを語るとすれば、キース・ムーンの破天荒なドラミング!全編ドラムソロ状態、リズム・キープはどうしたの状態(笑)衝撃です。すごいです。
日本のバンドで、やたら激しくドラムを叩く人がいましたが、キース・ムーンと比較するとかわいいものです。
ロック・オペラを生み出した功績はでかい!
名作「トミー」、聴くべし。
by nowhere1967 | 2004-06-14 22:37 | 私的アーティスト論 | Trackback | Comments(0)

忘れていた!1988年追加

 1988年に出会ったアーティストにエルトン・ジョンがいました!!
元祖ピアノマン^^
 ロックからバラードまで幅広く歌いこなしますが、基本的にはポップスターかなぁ。
 容姿は(特に年をとってから)、ずんぐりむっくりで足も短い(笑)ですが何故かカッコいいと思ってしまう。日本人にとって、さほど重要なアーティストではないのでしょうか?
 評価されていないような気がします。気のせいかな・・・。ザ・フーも・・・。  


で、1989年の新たな展開とは?
 な、なんと、この年はクラシックのCDをたくさん買いました^^   (続く)
by nowhere1967 | 2004-05-20 23:22 | 音楽との出会い | Trackback | Comments(0)