I Still Do / Eric Clapton

アイ・スティル・ドゥ

エリック・クラプトン / ユニバーサル ミュージック


またまた1ヵ月更新をさぼってしまいました。
週1くらいの更新を目指していたのですが、
こうなってくると月1ですかね(笑)

先日クラプトンの新作が届きました。

軽く聴きながす程度にしか聴いていないのですが、
全体的に静かといいますか地味な感じ。
スローな曲が多いかな。
アコースティックなサウンドに感じました。
クラプトンらしいギター・ソロもありません。
ちょっと厳しい言い方をすれば、
アルバムを通してメリハリがないといいましょうか。
みんな似たような曲に聴こえてしまいました。

1度しか聴いていませんし、
何度か聴き込めば印象が変わるかもしれません。

ボブ・ディラン、ロバート・ジョンソン、J.J.ケイルのカバー。
そしてクラプトンによるオリジナルの曲は2曲。

プロデューサーはグリン・ジョンズです。

70歳を超えたクラプトンの境地ですかね。

なお、日本盤にも歌詞カード対訳がありません。
アーティスト(クラプトン)の意向だそうです。
by nowhere1967 | 2016-05-23 13:00 | 音楽 | Trackback | Comments(3)

SLOWHAND AT 70 / ERIC CLAPTON

スローハンド・アット・70 - エリック・クラプトン・ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール【初回生産限定盤DVD+2CD/BONUS DVD】

ワードレコーズ


2015年クラプトン70歳の誕生日を祝うファイナル・ツアーを収録した作品です。
DVDと2枚のCD、ボーナス・ディスクとして過去にクラプトンがロイヤル・アルバート・ホールで行った
公演の中からダイジェスト選曲した映像が収録されたDVD。

今後ツアーは行わないとしたクラプトンですが、
誰が何と言おうと大好きな日本にだけは必ず行くと宣言したとかで、
それもあって来年の来日が決まったのでしょうか。

70歳になってもクラプトンはクラプトンでした。

一番新しい曲が「PRETENDING」になるのでしょうか、
70年代の曲が多い印象です。

「COCAINE」では
踊りまくる男女のペアがいて、ちょっと笑えます。
by nowhere1967 | 2015-11-28 23:49 | 音楽 | Trackback | Comments(6)

Change The World / Eric Clapton

ベスト・オブ・エリック・クラプトン~フォーエヴァー・マン<ジャパン・デラックス・エディション>

エリック・クラプトン / ワーナーミュージック・ジャパン


竹内まりやの次に買ったCDは、
エリック・クラプトンの3枚組ベストアルバム。

1980年代以降の曲を、
「スタジオ」、「ライヴ」、「ブルース」とテーマ別に編集。

これだと一気に聴かなくて、
分けて聴いてもいいですね。

 ↓ ↓ ↓
Change The World
by nowhere1967 | 2015-06-15 22:55 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

そういえばクラプトンの新作をまだ聴いていません。

この曲は、
僕とクラプトンの出会いの曲と言っていいでしょう。

アルバム『AUGUST』の1曲目。
映画「ハスラー2」の主題曲。

友人に『AUGUST』を聴かされて、
あまりにもポップなので驚きました。

1曲目から、これですから。

ポップすぎるクラプトンに関しては、
賛否があるでしょうけど。

それまで取っ付きにくいと思っていたクラプトンとの
距離を一気に縮めてくれた、
この曲、そしてアルバムに感謝です。


by nowhere1967 | 2013-03-27 23:00 | 好きになった曲 | Trackback | Comments(2)

Layla

アンプラグド、
そして先日記事に投稿したジャズ風の「Layla」も悪くはありません。

ですが、やはり原曲がいいかな。

そして、この4人の演奏が一番好きかも。

クラプトン、グレッグ・フィリンゲインズ、ネイザン・イースト、フィル・コリンズ。

この動画は1986年のもの。
さすがに4人とも若いですね。


by nowhere1967 | 2011-10-16 13:21 | 好きになった曲 | Trackback | Comments(4)

プレイ・ザ・ブルース(CD+DVD)

ウイントン・マルサリス&エリック・クラプトン / ワーナーミュージック・ジャパン


CDとDVDの2枚組仕様を購入。

まずDVDを観ました。
正直、DVDを観たときはそれほど感想もなかったです。
う~ん、こんなものかなと。

マルサリス、太ったな~とか。

その後、CDを聴きました。
すると・・・。

DVDで観たときよりもいい感じに思えたりしました。
一度DVDを観た後ということもあるのかもしれません。

タイトルは『PLAY THE BLUES』ですが、
どちらかというとディキシーランド・ジャズという雰囲気が
アルバムを通して感じられました。

クラプトンのヴォーカルとギターは相変わらず渋いですし、
このメンバーに入っても違和感を感じません。

ただ、「LAYLA」についてはアンプラグドの方がいいかなと。
更にオリジナル・ヴァージョンの方が好きですね。
by nowhere1967 | 2011-10-02 12:51 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

Golden Slumbers

ドラマーとしてのフィル・コリンズも好きですよ。
数多くのライヴに参加していますよね。

これはモントセラト島救済コンサート。
1997年の映像です。

『アビイ・ロード』のメドレー、
「Golden Slumbers」~「Carry That Weight」~「The End」

「The End」のドラム・ソロ。
リンゴのパートをフィル・コリンズが。

そしてクラプトンのギター。


by nowhere1967 | 2011-04-06 22:51 | ビートルズ | Trackback | Comments(0)

Run Baby Run / Sheryl Crow

「パヴァロッティ&フレンズ」より。
シェリル・クロウとエリック・クラプトンの共演。

エリック・クラプトンのギターがいいです。
曲を壊さず、それでいて自分の色も出しますからね~。
シェリル・クロウの歌もいいのですが、クラプトンのギターに聴き入っていまいます。


by nowhere1967 | 2009-03-25 22:26 | 好きになった曲 | Trackback | Comments(0)

I'm So Glad / Cream

昨日は、やや暗い感じの投稿になってしまいました。
これからは、極力明るい感じの投稿にしたいものです。

昨日テレビを見ていたら、生姜を好んで食す人のことを「ジンジャラー」と呼んでいました。
ジンジャーだけに、ジンジャラー。
神社へお参りに行く人ではありませんよ。

パチンコする人はチンジャラー。
違うか・・・。

しょうがねぇなぁ。



ジンジャーと言われて何を連想したか。
ジンジャー・ベイカー。

ということで、ジンジャー・ベイカー、ジャック・ブルース、エリック・クラプトンの3人から成るクリーム。
強引ですが、お許しください。

曲は「I'm So Glad」を。

ジンジャー・ベイカーさん、高齢のわりに激しいドラミング。
このライヴDVDでは、ギタリストとしてのクラプトンを堪能できます。


by nowhere1967 | 2008-10-15 12:38 | 好きになった曲 | Trackback | Comments(0)

Blue Eyes Blue / Eric Clapton

曲もいいですが、PV中で花びらが舞うシーンなんて感動的です。

アコースティックギターでしっとりとした歌を聴かせてくれる、クラプトン。
渋い。
この曲、好きですねぇ。





by nowhere1967 | 2008-09-21 14:01 | 好きになった曲 | Trackback | Comments(0)