例年の如く、
年末年始の休みは音楽三昧。

ですが今回の休みはクラシック中心に。
たまにはクラシックも聴こうと思いまして。

他に昨年末に購入した、
ビル・エヴァンス、ソニー・ロリンズなどのジャズを。

おそらく週1くらいの更新になるかと思いますが、
今年もよろしくお願いします。

カルロス・クライバー指揮で、喜歌劇「こうもり」序曲。
↓  ↓  ↓
喜歌劇「こうもり」序曲
# by nowhere1967 | 2015-01-02 23:01 | 雑文 | Trackback | Comments(2)

よいお年を 2014~2015

2014年の最後が競馬の記事というのもアレですので。


それにしても1年が過ぎるのは早いですね。
2014年。

個人的にはコンポを買ったということが大きかったかな。
気合を入れて音楽を聴きました(笑)

いつもコメントをしていただいている方が
突然ブログをやめてしまうという悲しいできごともありました。

今となっては週1回くらいの更新となっている当ブログですが、
2015年もよろしくお願いします。
# by nowhere1967 | 2014-12-31 23:54 | 雑文 | Trackback | Comments(0)

有馬記念

有馬記念、
フェノーメノからワイドで買って外しましたよ(笑)

天皇賞・春を連覇している馬ですし、
叩かれて今回はよくなっているかなと思いましたが甘かった。

ジェンティルドンナ、勝ちましたね~。

さすがに今回は厳しいかなと思いましたが。
中山でも走るのですね。
東京だけではなかった。

今年(2014年)は約12000円の負けでした。
1ヵ月で1000円という計算になります。
こんなものでしょう。

まぁ、自分としては標準的な負け方です。

競馬は小遣いの範囲内で、ですね。
# by nowhere1967 | 2014-12-28 23:35 | 競馬 | Trackback | Comments(2)

ON THE STREET CORNER 2

山下達郎 / ダブリューイーエー・ジャパン


先週は大雪の影響で、出勤が大変でした。

通常は20~25分で職場に到着します。
ところが先週は・・・。

1時間近くかかりました。

渋滞を考慮して、
早めに家を出たのですが。
それでも10分くらい到着が遅れました。

時速10~20kmでのノロノロ運転でした。

仕事に行くだけで疲れましたよ。

今週も雪の予報が出ていますので、
早めに家を出た方がよさそうです。

話は変わります。
先日、
久しぶりに聴いた山下達郎のアカペラ・アルバム
『ON THE STREET CORNER 2』。

一部を除いて全て山下達郎の声によって作られているアルバムです。
多重録音による一人アカペラ。

こんなアルバムを出せるのも達郎さんならでは、ですね。
↓  ↓  ↓
SO MUCH IN LOVE
# by nowhere1967 | 2014-12-21 22:44 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

ダービースタリオンGOLD

ダービースタリオンGOLD(初回購入特典 懐かしの名馬で遊べる「ダービースタリオンGOLD 特別版」

角川ゲームス


さてニンテンドー3DS用ソフト、
「ダービースタリオンGOLD」が発売されて10日が経ちました。

僕の場合、毎日プレイしているわけでなく
週末のみのプレイです。

それにしても、
Amazonのレビューでは酷評のオンパレードです(笑)

あそこまで酷評されているのも珍しいのではないでしょうか。

う~ん、
たしかに不満な点はありますが、
そこまで酷くないような気もします。

細かいことは気にせず楽しむことにします。
# by nowhere1967 | 2014-12-14 22:51 | 雑文 | Trackback | Comments(2)

Best Always / 大滝詠一

Best Always(初回生産限定盤)

大滝 詠一 / SMR


早いもので山下達郎のライヴに行ったのがちょうど1年前。
1年はあっという間ですねぇ。

そして大滝詠一が亡くなってからも1年が経とうとしています。

そんな中、発売になった大滝詠一のベストアルバム。

こういう形でのベストアルバム。
ちょっと複雑ではあります。

大滝さんが健在で
大滝さん自らが選曲に携わったら
また違ったものになったかも。

「夢で逢えたら」の本人歌唱バージョンがあったのですね。
↓  ↓  ↓
夢で逢えたら / 大滝詠一
# by nowhere1967 | 2014-12-06 23:52 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

ニンテンドー3DS購入

第34回ジャパンカップは、
スミヨン騎手騎乗のエピファネイアが1着。

強かったですね・・・。

スミヨン騎手の騎乗もさすがでした。

僕はハープスターからワイドで買いました。
馬券は外れ。

3歳牝馬が凱旋門賞帰りで
あそこまで追い込んでくれたので、よしとしますか。


この年でニンテンドー3DSを買いましたよ。
競馬シミュレーションゲーム、ダービースタリオンの新作が
3DSで発売になるので、
そのゲームをプレイするためです。

現実にはあり得ないのですが、
種付けから調教、出走させるレースの選択まで、
自分でやってしまうというゲーム。

12月4日発売。
平日はプレイできないので、
週末に楽しみます♪
# by nowhere1967 | 2014-11-30 22:55 | 雑文 | Trackback | Comments(5)

曲とは関係ないのですが、
ちょっとショックな出来事。

先日、
向かいの家の方が亡くなりました。

一人暮らしの87歳女性。

時々テレビなどで一人暮らしの老人の孤独死問題
が取り上げられることがありますが、
こうして現実のものとなるなんて。

亡くなってから数日してから発見されて、
パトカーが来たりして、
近所の方々の野次馬も凄かった・・・。

僕の家からは死角になって見えていなかったのですが、
新聞が溜まっているのを不審に思った人が
警察に通報したようです。


さて、
「Beware My Love」

この曲で、ジョン・ボーナムが叩いているバージョンが
存在するのですね。

そちらのバージョンをどうぞ。
↓  ↓  ↓  ↓
Beware My Love
# by nowhere1967 | 2014-11-23 22:54 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

MOONGLOW / 山下達郎

MOONGLOW (ムーングロウ)

山下達郎 / BMG JAPAN


長いこと聴かずにいて、久しぶりに聴いた
山下達郎のアルバム『MOONGLOW』。

旧規格盤で、
なんと参加ミュージシャンの記載がないという・・・。

それはそれとして、いいアルバムであることは間違いない。

『RIDE ON TIME』でブレイクする前のアルバムということで、
隠れた名盤という位置づけになっている感があります。

いきなりアカペラで始まるところが達郎さんらしい。

動画は「RAINY WALK」。
アルバムでは細野さんがベースで高橋幸宏がドラムとのこと。
こちらは1979年のライヴで、
伊藤広規のベース、青山純のドラムです。

貼り付け不可ですので、
こちらからどうぞ。

↓  ↓  ↓  ↓  
RAINY WALK
# by nowhere1967 | 2014-11-16 22:44 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

本来でしたら、もっと早く投稿すべきだったのですが、遅くなってしまいました。

マンハッタン・トランスファーの創設者である
ティム・ハウザーさんが亡くなってもうすぐ1ヵ月になります。

ジャズとポップスを融合させた音楽性が好きでした。
今後も3人で活動を続けるそうです。

何といってもコーラスの美しさですね。
それでいて親しみやすい。

もしかして、
僕をジャズの世界に導いてくれたのは
マンハッタン・トランスファーなのかもしれません。


# by nowhere1967 | 2014-11-10 22:45 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

Touch Me, Seiko / Seiko Matsuda

Touch Me,Seiko

松田聖子 / ソニー・ミュージックレコーズ


先週は、ちょっと体調を崩しまして、
散々な一週間となりました。

咳が出るようになりまして、
こちらの方はまだよいとして、
深刻だったのは汚い話ですみませんが、下痢の症状が酷かったです。
水曜日から金曜日くらいにかけてでした。

特に水曜日が酷くて、
1日に4回ほどトイレに駆け込みました。

現在は回復しておりますが、
改めて健康のありがたさを感じました。

さて、
この作品は松田聖子のB面コレクションです。
1984年に発売されていますので、
まさに絶頂期の頃ですね。

アルバム未収録の曲も聴けて、
ありがたいです。

B面とはいえ、なかなかいい曲が揃っています。

曲順もシングルの順番ではないのですが、
不思議と違和感がなくて、
1枚のアルバムとして聴けてしまいます。

1980年代の松田聖子のアルバムを聴いて、
もう少し聴きたいなという場合、
デザート的な作品です。


曲は「秘密の花園」のB面「レンガの小径」です。

# by nowhere1967 | 2014-11-02 22:58 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

CHICAGO

シカゴII(シカゴと23の誓い)

シカゴ / ワーナーミュージック・ジャパン


シカゴの2作目。
これも素晴らしい。

「MAKE ME SMILE」とか「COLOUR MY WORLD」は、
単独の曲ではなくて、
組曲の中の1曲なのですね。


テリー・キャスのヴォーカルも渋くて、いい味を出しています。
前にも書きましたが、
ベーシストとしてのピーター・セテラもいいです。

今にして思うと、
テリー・キャスが健在だったら
シカゴがAOR路線に移行することもなかったかもしれないですね。

組曲「BALLET FOR A GIRL IN BUCHANNON」をどうぞ。

# by nowhere1967 | 2014-10-26 23:01 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

Dear Angie ~あなたは負けない/それぞれの夜 (通常盤)

竹内まりや / ワーナーミュージック・ジャパン


さて、竹内まりやの新作アルバムについては
各方面で語られていることだろうと思います。

ですので、ここでは特に書きません。

で、今さらながらにシングル
「Dear Angie ~ あなたは負けない 」(通常盤)でございます。

タイトル曲と「それぞれの夜」もいいのですが、
なんといってもビートルズのカバーですよ。

「Your Mother Should Know」
「This Boy」の2曲が収録されています。

特に「Your Mother Should Know」がいいですよ。

正直、聴く前は期待と不安が半々でしたけど。

アレンジはほぼ原曲そのもの。
コーラスも再現しています。

ビートルズのファンも納得?ではないでしょうか。

YouTubeに投稿されていないようですので、
ここに貼れないのは残念です。

気になる方はぜひ聴いていただきたいです。
# by nowhere1967 | 2014-10-18 23:52 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

LIVE IN JAPAN / CARPENTERS

ライヴ・イン・ジャパン

カーペンターズ / ポリドール


カーペンターズの全アルバムも聴いてみたいです。
ライヴ盤ですとか、ベストでしか聴いていませんので。

このアルバムは1974年6月の大阪フェスティバル・ホールで
収録されたものです。

当時は日本のみで発売されているそうです。

ライヴでもカレンの歌の上手さを堪能できますね。

「SING」を日本語で歌ってくれているところが嬉しいです。

動画は武道館公演での「SING」です。



# by nowhere1967 | 2014-10-13 22:41 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

a0009029_2232387.jpg


シカゴのファースト・アルバムにハマっています。
何度聴いてもいいですねぇ。

ヴォーカルに耳がいっていましたが、
ベーシストとしてのピーター・セテラもいいですね。

ロバート・ラムのソロ・アルバムを久しぶりに聴きました。
1993年発表のアルバムです。

シンセサイザーとドラムのプログラミングを多用しているサウンドで、
ブラスは使用していません。

当然のことながら、
シカゴとは違った音です。

レゲエ風の曲があったり、
ロバート・ラムにしては力の入った歌い方の曲があったり。

プロデューサーはフィル・ラモーン。
# by nowhere1967 | 2014-10-05 22:56 | 音楽 | Trackback | Comments(5)

CHICAGO TRANSIT AUTHORITY

Chicago Transit Authority

Chicago / Rhino


初期のシカゴのアルバムを聴きたいと思ってはいたのですが、
なかなか聴く機会がありませんでした。

今回はファースト・アルバムを。

LPレコードの時代は2枚組だったのですね。
CDだと1枚に収まるのですが、
それにしても聴き応えがあります。

ブラスの響きが爽快。
ゴージャスなサウンド。

ロックとジャズのビッグ・バンドとが融合したような。

この段階で今のライヴでもおなじみの曲が収録されていたりするのですね。
「いったい現実を把握している者はいるだろうか?」(邦題がすごい)
「BEGINNINGS」
「I'M A MAN」


曲によってはテリー・キャスのギターが唸っていたり。
「FREE FORM GUITAR」

「SOUTH CALIFORNIA PURPLES」
でビートルズの曲の一節が出てきたような気がするのですが・・・。

ベーシストとしてのピーター・セテラもよかった。

とにもかくにも、
AOR路線のシカゴとは違った魅力がありました。

これは他のアルバムも集めることになりそうです。

どの収録曲もよかったのですが、
ここでは
「SOMEDAY(AUGUST 29,1968)」をどうぞ。


# by nowhere1967 | 2014-09-28 22:46 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

THE POWER STATION

ザ・パワーステーション

ザ・パワー・ステーション / ワーナーミュージック・ジャパン


先日、腕時計の電池交換に行きました。

今はもう亡くなっていますが、
祖父が高校入学祝いに買ってくれたものです。
31年間使っています。

交換は当時腕時計を買った時計屋に。
2年に1回くらいのペースで電池交換です。

そこのご主人もかなりのご高齢のはず。

ふと壁の上の方に飾られている賞状のようなものに目をやりますと、
生年月日が昭和7年10月1日とありました。

ということは、今年で82歳ということですね!

おそらく後を継ぐ人はいないと思われます。

いつまでも元気でいていただきたいものです。


さて、パワー・ステーション。
ロバート・パーマーにデュラン・デュランとシック。

デュラン・デュランとシックの組み合わせで
ハードなサウンドになっているところが不思議であり、
面白いです。

アンディ・テイラーのギターが
デュラン・デュラン・のときよりワイルドです。



# by nowhere1967 | 2014-09-21 22:56 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

Good Times / Chic

パソコンをシャットダウンしようとすると、
突然「更新プログラムをインストールしています」
というようなメッセージが表示され、

「●個中●個完了」
「コンピュータの電源を切らないでください」、
などということが時々ありますね。


いえ、すぐにやめたいのですけど・・・。
しかも、時間掛かっているし。

もう待てない。

本当はよくないのでしょうけど、
強制終了。

どうにかパソコンは壊れないでいてくれますが、
今後もこういうことがあると困ります。

あるのだろうなぁ。

シックはベスト盤くらいしか聴いていませんけど、
お洒落ですよね。


# by nowhere1967 | 2014-09-15 22:47 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

SHE'S THE BOSS / MICK JAGGER

シーズ・ザ・ボス

ミック・ジャガー / ワーナーミュージック・ジャパン



ミック・ジャガーのファースト・ソロ・アルバム。

ジェフ・ベック、ピート・タウンゼント、ハービー・ハンコックが参加しています。

ナイル・ロジャースが3曲プロデュースに関わっていたり、
それもあるのかシックのバーナード・エドワーズ、トニー・トンプソンの名前も。

これらの面々から容易に想像がつきますが、
ストーンズとはガラリと変わったサウンドになっています。

ミック・ジャガーがストーンズ以外のメンバーをバックに
歌うとこうなんだということが感じられて、
それはそれでいいのではないでしょうか。

ソロなのですから、
ストーンズと違うのはある意味当然といえます。



# by nowhere1967 | 2014-09-07 00:09 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

CHILD'S ANTHEM / TOTO

今年のお盆休みは、
ツェッペリンとTOTOを聴いていました。

TOTOのデビュー・アルバムの1曲目を飾る曲。

スズキのCMに使われました。

ロックでありながら、フュージョンが入っているように感じられます。

デビュー・アルバムの1曲目にインスト曲を持ってくるあたりが、
TOTOらしいと言えなくもないです。


# by nowhere1967 | 2014-08-31 22:50 | 音楽 | Trackback | Comments(2)