まさか、まさかのニュースでした。

大滝詠一さん死去。

こんな記事を投稿することになろうとは・・・。

大滝さんとの出会いの曲は、この曲。
「A面で恋をして」
NIAGARA TRIANGEL VOL.2(佐野元春・杉真理・大滝詠一)

早すぎます。

中学3年~高校時代によく聴いていました。

ある意味、マイケル・ジャクソンが亡くなったときよりショックです。

ご冥福をお祈りします。



「幸せにさよなら」
NIAGARA TRIANGLE VOL.1(山下達郎・伊藤銀次・大滝詠一)



松田聖子に提供した曲もよかった。
「冬の妖精」

by nowhere1967 | 2013-12-31 23:39 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ちょっとご無沙汰していました。

今年のクリスマスも
ケーキを食べることなく普通の1日でした。

クリスマスソングも聴かず。


そんなこんなですが、
ついについに、
コンポを買う決心をしたのですよ。

悩みに悩みましたねぇ。

試聴できるといいのでしょうけどね。
レビューを参考に。


楽天でポチっと。

今日、入荷見込みのメールが届きました。

それを見て愕然としました。

CDプレーヤー、チューナー&アンプは12月27日入荷予定。

スピーカーは・・・。

来年の3月下旬。

えっ、・・・。

ちょっとしたショック状態です。



by nowhere1967 | 2013-12-25 22:56 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

長岡には誰が来ても満席にならないと言われていました。

実際、カシオペアのときは後ろに空席がありました。

今回はさすが達郎さんと言うべきか、満席でした。

それと観客の年齢層が高かったですね(笑)
僕も人のことは言えませんけど。


ライヴ本編は「LOVELAND,ISLAND」で幕。
一度、全員が引っ込む。

それほど時間を置かずに、全員が再登場。

アンコール。

総立ちの観客に向かって、
「どうぞお座りください」
と達郎さん。

アンコール1曲目は、「クリスマス・イブ」。

2曲目、「RIDE ON TIME」。
ここでまた総立ち状態に。
ここから大盛り上がり。

「電車の時間、大丈夫?」
と達郎さん。


3曲目、「愛を描いて -LET'S KISS THE SUN-」。


4曲目、「YOUR EYES」。

そして、ラストは「ラスト・ステップ」。

ライヴ・アルバム『JOY』の1曲目の曲。
その曲をここで聴くことになるとは・・・。

あっという間の3時間半。
充実のライヴでした。

他の人は、
ライヴDVDですとか、テレビでライヴの放送がありますが、
達郎さんの場合、ライヴ・アルバムでしかライヴに接する機会はありませんでした。

こうして生で聴けるときがくるとは。


達郎さんの力強い歌声も素晴らしかったのですが、
バックの演奏も凄かった。

特に伊藤広規さんのベースが印象に残っています。
改めて凄い人なんだなぁと思いましたね。

こうなると、
先日亡くなった青山純さんのドラムも生で聴きたかったなと。


達郎さんが引っ込むと、
もう余韻に浸る間もなく、
もうみなさん席を立つ。

早っ・・・。

そんなものなのですかね。


ライヴって、いいものだなぁ。
でも、条件が揃わないと行きません(笑)


by nowhere1967 | 2013-12-10 23:02 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

僕の席は後ろから6番目でした。

でも小さい会場ですので、眼鏡を掛けたら見えました。
顔はよく見えませんでしたけど。

達郎さんは音響にも拘っていると思われ、
音割れもなく、聴きやすかったです。

以前に行ったカシオペア、
会場は違いますがピンク・レディーのときは
音が割れて聴きにくかった記憶があります。


『Melodies』の30周年記念リマスター盤、
『Season's Greetings』の20周年記念リマスター盤が発売されたこともあり、
この2枚のアルバムからの曲を披露してくれました。

特に『Melodies』からの曲を披露してくれたのは嬉しかった。

その中で「あしおと」、「ひととき」がよかった。

ずっと座っていて尻が痛くなったなぁと感じていたところ、
「Let's Dance Baby」が始まると、
みんな立ち上がる。

♪心臓に~のところで
クラッカーがあちこちで鳴る。

「思ったより多いな」と達郎さん。

ボーナストラック~と言いつつ、
「硝子の少年」を歌ってくれました。


他の会場でも言っているのでしょうけど、
「えぇ~お客さんや~」を連発していましたね~。

MCは業務連絡も多々ありました。
販促トークですね(笑)

「まだお買い求めでない方はロビーに置いてございます~」
「来場の記念にどうぞ~」

(続く)


by nowhere1967 | 2013-12-08 23:01 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

昨日(6日)、行ってきましたよ。

僕の場合、
出不精ということもあり、
条件が揃わないとライヴに行く気にならないという。

今回は条件が揃いすぎ。
これは行くしかないでしょう。

まず地元であるということが大前提。
そして週末であること。
翌日の仕事が休みであること。


会場は長岡市立劇場。
自宅から車で10~15分。
収容人数は1500人ほどの小さな会場。

ここに行くのはカシオペアのライヴ以来、
27年ぶり!


事前に内容が分かると楽しみがなくなるので、
情報のないままでの参戦となりました。

ですので、
1曲目はどの曲か、
あれこれ考えるときが楽しかったですね。


18時30分を少し過ぎたところで、ライヴがスタート!

1曲目は、
「新(ネオ)・東京ラプソディー」
おぉ~、この曲かぁっ・・・。

最初の♪東京ラプソディーの部分を
♪長岡ラプソディーと歌詞を変えて歌ったところで
歓声があがる。

2曲目が、
「SPARKLE」
この曲が1曲目だと思っていたのですよ。

3曲目が、
「LOVE SPACE」
そうきたか~。

達郎さんの声がとにかくよく出ていることに驚きと感動。
バックの演奏力もさすが。

いきなり総立ちになるのかと思っていたら、
そうではなくて、みんな座って手拍子で盛り上がる。

3曲続けたところでMC。
MCも軽妙ですね~。
FM放送の番組そのままの語り口。

「この会場は奥行きが足りなくて、組めないセットが3つばかりありまして・・・・」
「でも、曲が聴ければそれでいいだろ!」
ウォっ~と歓声。

「秋田では3階建てのセットが2階建てになったり。
ユーミンは絶対来ない!」
爆笑。


と、ここまで書きましたけど、
長くなりそうです(笑)

続きは後日に。


by nowhere1967 | 2013-12-08 00:01 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

Mサワホーム

Mサワホームの懸賞に
軽い気持ちで応募したのが、
そもそもの間違いだったのでした。

電話のやり取りは前に書いたので、
ここでは書きません。


その後電話は来ないのですが、
郵便物は届きます。

う~ん。
しばらく様子見だったのですが、

先日送られてきたものを見て決断。

物件の案内。
そんなのを送ってこられても買えません!!


ということで、
「受取拒絶」。

送り返しました。
by nowhere1967 | 2013-12-05 22:58 | 雑文 | Trackback | Comments(2)

先日、あるバラエティー番組で
煮たまごが入っているパンを紹介していました。

普段その番組は見ていないのですが、
地元ネタを放送するということで、その日は見たのです。

う~ん。
そのパン屋さんからは車で3分くらいのところに住んでいるのですが。

まったく知りませんでした(笑)

いかにも地元の人に人気があるように紹介していましたが、
ほとんどの人が知らないという。

知っているのは、ごく一部の人。

番組もネタがないということなのでしょう。

逆に、
他県の情報もそんなものなのかもしれないですね。




by nowhere1967 | 2013-12-01 22:37 | 雑文 | Trackback | Comments(2)