まさかの展開 ~ 宗教の勧誘

昨日(土曜日)、休みということもあり前日の金曜日に職場の人から昼食に誘われました。
僕も、たまにはそれもよかろうと軽い気持ちでOKしました。

待ち合わせの店で待っていると、職場の人(以後Hさん)、そして見知らぬ1人(以後Oさん)。

「ここに来る前に偶然会って、nowhereさんのことを話したらぜひご一緒したいとのことでしたので連れてきてしまいました」

このときは深く考えなかったのですが、後になると大きな意味を持つのです。

食事しながら、当たり障りのない話を。

食事が終わり、なにやらHさんが真面目な話をしだして少し戸惑いを感じました。
政治の話、いろいろな事件の話。
だんだんと話が熱を帯びてきました。
仕事のときに見せるHさんの顔と違う、もう一つの顔・・・。
目付きが変だ。

「世の中はどんどん悪い方向へ進んでいます」

そして、次におや?変だぞ、という言葉を発したのです。

「それを直すのは日●聖人の仏法しかないのですよ!!」

この時点で、僕はもしかして・・・。
嫌な予感がしました。

そして、この嫌な予感は的中しました。

顔付き、目付きが常人のものとは異なる感じになり、話し方も興奮したものになってきているのが分かりました。

「祈ることによって、願いが叶ったり幸せになれるのです。」
「宗教というと悪いイメージをお持ちでしょうが、この顕●会はお金を取られることがないのです。」


Hさんの話が一通り終わると、今度はOさんの話が始まりました。

「実は私も顕●会をやっています。」
「とにかくいいか悪いかは、やってみないと分かりませんよ」
「やってみて嫌になったら、いつでも辞めることができます」


なるほど。
ここに来る前に偶然会って~というのは嘘だったのだな。
最初からこれが目的だったのだ。


                                    (続く)
トラックバックURL : http://nowhere.exblog.jp/tb/8956240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by nowhere1967 | 2009-09-13 13:17 | 雑文 | Trackback | Comments(0)