The Longest Time / Billy Joel

高校生の頃、何気なく聴いたFM放送。
ビリー・ジョエルの特集をしていて、この曲が流れていました。

当時は洋楽を聴いていなかったのですが、この曲は好きになりました。
ビリー・ジョエルに興味を持って、アルバム『An Innocent Man』を買ってしまいましたからね。

本格的に洋楽を聴くようになるのは、まだ先のことです。

この曲は僕がビリー・ジョエル、そして洋楽を聴くようになった、きっかけの曲なのです。

アカペラというのも新鮮でした。


トラックバックURL : http://nowhere.exblog.jp/tb/8349500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 音楽生活~青春の終わりに~ at 2009-09-12 20:33
タイトル : An Innocent Man ('83) / Bill..
九月は非常にいい天気が続いていましたが、ここにきて雨が降っています。こんなときはCDを聴こう。雨の日に聴くCDは晴れの日に比べて集中して聴けるんですよね。そこで選んだのはBilly Joelです。私が洋楽を聴き始めたミュージシャンの一人です。 彼のアルバムといえば「ストレンジャー」や「ニューヨーク52番街」等が人気であるが、本作「イノセントマン」は売れたが正直微妙な立ち位置のアルバムであるかもしれない。あえて語る作品でもないかもしれない。洗練された楽曲というのはやや後退のイメージがあるが...... more
Commented by ryo_1989 at 2009-06-03 23:46
これ好きです。
初めて買ったCDはビリーの「52番街」でした。
アルバム、「イノセント・マン」も名盤だと思います。
Commented by miyamoa at 2009-06-04 01:05
この曲はプロモでは大勢で歌っているように見えますが、
実はビリー・ジョエル一人で多重録音なんですよね!
ベストヒットUSAでその逸話を紹介されて驚いた記憶が今でも・・・!

「イノセント・マン」は本当にいいアルバムですよね!
未だに何度も聴きたくなるアルバムです!
まだ、こういうアルバムを作れると思うんだけどなぁ~
Commented by nowhere1967 at 2009-06-05 22:27
>ryo_1989さん
初めて買ったCDが「52番街」とは、これまた渋いですね!!
「イノセントマン」は思い出の1枚かな~^^
Commented by nowhere1967 at 2009-06-05 22:31
>miyamoaさん
そうそう、1人でやっていますよね!
最初はアカペラ・グループにコーラス部分をやってもらったのですが、出来具合がイマイチ。
プロデューサーのフィル・ラモーンが「だったら君がやればいい」。
これでビリーの1人多重録音となったようです^^
名前
URL
削除用パスワード
by nowhere1967 | 2009-06-03 23:03 | 好きになった曲 | Trackback(1) | Comments(4)