Silly Love Songs / Paul McCartney

映画「ヤア!ブロード・ストリート」の一シーンです。

白塗り姿のポール。
スティーヴ・ルカサーとジェフ・ポーカロが参加しています。

ビートルズとTOTOの融合ですね。

このアレンジも好きです。


トラックバックURL : http://nowhere.exblog.jp/tb/18984538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ryo_1989 at 2013-11-22 22:15
実はこの映画のサントラ盤、持ってないんです。
コレ聴いて、良いな...と思い始めました。
Commented by nowhere1967 at 2013-11-22 22:50
>ryoさん
サントラ盤はいいですよ~。
ビートルズ時代の曲もセルフカバーしていますし。
映画はともかく、音楽的には素晴らしいです。
Commented by saya at 2013-11-22 23:12 x
こんばんは^^
白塗り姿のポール、映画「ヤア!ブロードストリート」のワンシーンだったんですね。
ムーンウォークのような、パントマイムのような動きの黒い服の人、いい味出してました。
"Silly Love Songs"、「ポールは子供だましのラブソングばかり」と批評されたことに対して、「ラブソングのどこが悪い?」と切り返した曲なんだとか・・・。
素晴らしいアレンジですね。コーラスも素敵です。
Commented by nowhere1967 at 2013-11-23 23:16
>sayaさん
そうなんです。
映画のワンシーンです^^
ラブソングばかり歌っていると言われたことに対するポール流の切り返しですね。
パントマイムの人に着目するところなんて、さすがです。
Commented by rollingwest at 2013-11-24 08:41
ポールのソロ時代の中で一番好きなのが「ノー・モア・ロンリー・ナイツ」でした。ヤア!ブロード・ストリートは映画としてはあまり評価を受けていないようですがこの曲があるので気になる映画です。
Commented by nowhere1967 at 2013-11-24 22:49
>rollingwestさん
僕も「ノーモア・ロンリー・ナイツ」大好きな曲です。
デイヴ・ギルモアのギターがいいですね。
映画そのものは、どうということはないですけど(笑)
名前
URL
削除用パスワード
by nowhere1967 | 2013-11-20 22:55 | ビートルズ | Trackback | Comments(6)