A Night At The Opera / Queen

オペラ座の夜
クイーン / 東芝EMI



初めて買ったクイーンのアルバム。他にも好きなアルバムがあるのですが、1枚を選ぶとしたらこのアルバムでしょうね。
4人が作曲していますし、フレディさん以外のブライアン・メイさん、ロジャー・テイラーさんのヴォーカルも味があって良いです。この点も好感が持てます。特定の人に才能があり、他の人は引き立て役というのとは違いますよね。
このアルバムのハイライトは「ボヘミアン・ラプソディ」ですが、この曲を初めて聴いたときは衝撃的でしたね。あのオペラ風のコーラスには圧倒されたものです。フーなんかがロック・オペラをやってましたが、これはまさしくオペラ風です。そこまで大袈裟にしなくてもいいのでは、なんて思ったりもしましたが、そこがクイーンの持ち味なのですから、いいのです。
スケールの大きな曲があるかと思えば意外に可愛らしい軽い曲、コミカルな曲、ポップな曲があったりして1枚のアルバムの中で変化を楽しめますね。
トラックバックURL : http://nowhere.exblog.jp/tb/1396107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from さかずうの日記 at 2004-12-04 23:44
タイトル : QUEEN「NIGHT AT THE OPERA」
今、クイーンって言うと、なんか流行に乗っかっちゃったみたいでいやなんだが・・・・。ただ、どうしても名盤をピックアップしていくと、クイーンははずせないんで・・・・。 さて、「オペラ座の夜」です。 「ジュエルズ」からクイーンを聴いているひとには、クイーンのイメージ=フレディのヴォーカルなのかもしれないが、実際のクイーンは、メンバー4人の対等で、微妙なバランスの上になりたっている。それが最もよく表れているのが本作だと思う。 クライマックスは「ボヘミアン・ラプソディ」になるが、そこにいたるまでの...... more
Tracked from 芸術的生活、 at 2005-10-27 22:40
タイトル : QUEEN / A NIGHT AT THE OPERA..
昨日無事にクイーン+ポール・ロジャースの面々が来日しました! 今朝の芸能ニュースでも紹介されておりましたが、やはり日本ならではのサプライズをなにか計画している模様です。 でもやっぱり「夜明けの刑事」は幻に終わるのでしょうか? まあそれはともかくとして、いよいよ10月26日のさいたまから来日公演がスタートします。 ということで、今日は『オペラ座の夜』のDVDオーディオを聴きました。(写真奥) 今更何も言うことが無いクイーンの代表作中の代表作ですね。 特に5.1チャンネルで聴く「ボヘミアン・ラ...... more
Tracked from 3度のメシよりCD at 2007-03-30 21:42
タイトル : 初めてちゃんと聴いてみました② QUEEN
今まで未聴だった名盤や人気アーティストをいまさらながら聴いてみようというこの企画。第1回目のDEEP PURPLEに続いての第2回は、これまたビッグネームなQUEENを取り上げます。 【クイーンと私】 初めてクイーンを聴いたのは中学の時ですね。FMで色々とエアチェックしてたテープのなかに「地獄へ道づれ」「愛という名の欲望」が入っていて、特に「地獄へ~」は大のお気に入りで何回聴いたかわからないほどでした。 しばらくして、アルバム「ザ・ワークス」が発売になったんですが、アルバ...... more
Tracked from GH.Web at 2007-04-01 22:22
タイトル : 第3回 QueenⅡ / Queen
今回は、曲のレビューではなく、アルバムレビューで行きます。 このアルバム『QueenⅡ』は、イギリスのバンド、クイーン(Queen)のセカンドアルバムです。このアルバムにはQueen初のヒット曲といって良い(だろう)「Seven Seas Of Rhye(輝ける7つの海)」が収録されています。作曲はボーカルのフレディ・マーキュリーです。 この曲はA面の「サイド・ホワイト」とB面の「サイド・ブラック」で構成されていて、「サイドホワイト」はギタリストのブライアンが主に作曲(他にドラマーのロジャ...... more
Tracked from Working Momの.. at 2009-11-22 00:10
タイトル : Bohemian Rhapsody
私にとってのQUEENは『Bohemian Rhapsody』につきる。 アルバム『A Night at the Opera』(’75)に収録されているが、この曲の斬新な構成に驚き、フレディ・マーキュリーの個性的なスタイルとその声にも惹かれ、何度もかけたものだ。 幻想的な歌詞のところどころの意味が、おぼろげながらわかった時の衝撃も忘れられない。 聴くほどに好きになり、今でも折に触れ浸りたくなるクイーンのマスターピースだ。 ... more
Commented by lonehawk at 2005-10-27 23:33
TBどうもです。
このところクイーン+ポール・ロジャースの関連作ばかり聴いております。
昨日の来日公演も良かったですよー。
オペラ座からは’39、アイム・イン・ラヴ・ウィズ・マイ・カー、ラヴ・オブ・マイ・ライフ、そしてもちろんボヘミアン・ラプソディも演奏されました。
Commented by nowhere1967 at 2005-10-28 21:49
lonehawkさん。
こちらこそコメントありがとうございます。
クイーンはフレディさんのイメージがあるのでポール・ロジャースのヴォーカルはどうなのかな~と思ってしまいますが、それはそれで良さそうですね^^
Commented by hanahana_panda at 2005-12-06 22:06
TB有り難うございます。
昔のアルバムは、まだ持っていないものが多いので、これから徐々に・・・と思っているのですが、これは良かった(^-^)
QUEEN+Pも良かったですよ。
フレディ大好きの私でも、認めてしまいました。
Commented by nowhere1967 at 2005-12-06 22:38
hanahana_pandaさん
こちらこそ、訪問とコメントありがとうございます。
僕はフレディ派なのですが、ポール・ロジャースも評判いいですね^^
ポール・ロジャースはまだ聴いていないのですよ・・・。
Commented by shintan_shintan at 2007-03-30 21:47
こんばんは。TB&コメントありがとうございました。
クイーンは記事に書いた3枚しか聴いてないんですが、このアルバムは凄いですよね。ハードな曲からバラード、コミカルな曲までの幅広い曲調なのに、アルバムトータルで見て整合感がありますから。名盤ですね。
Commented by nowhere1967 at 2007-03-31 13:05
shintan_shintanさん
こちらこそ、ありがとうございます。
このアルバムがきっかけとなり他のアルバムも聴くようになりました。
幅広い曲が揃っているのですが、アルバム全体を見ると不思議と整合感がありますものね。まさに「名盤」です。
Commented by sarah103 at 2009-11-22 00:18
こんばんは!
クイーンの魅力は書かれているようにメンバーそれぞれが個性がきちんと立っているところだと思います。まあフレディがなんといっても一番の濃いキャラですが(笑)

『Bohemian Rhapsody』の大袈裟な感じが癖になるくらい、はまるんですが、『You're My Best Friend』や『39』も好きです。
Commented by nowhere1967 at 2009-11-22 13:25
>sarahさん
このアルバムの曲は全部好きと言っていいくらいですね。
「You're My ~」、「39」も好きですよ^^
久しぶりに聴きたくなりました。
名前
URL
削除用パスワード
by nowhere1967 | 2004-12-04 22:45 | お気に入りアルバム | Trackback(5) | Comments(8)