Eighteen / 松田聖子

前回更新してから1ヵ月も経ってしまいました。
サボりすぎですね。

平尾昌晃さんが亡くなりました。
僕が初めて平尾さんのことを知ったのは、
「カナダからの手紙」です。
小学生の頃でした。

演歌とか歌謡曲の作曲家という認識でいたのですが、
元々はロカビリー歌手として名を馳せた人だったのですね。

母の世代の人が夢中になっていたのでしょう。

松田聖子のようなアイドルにも曲を提供して、
多才な人でした。

動画ですが、後ろの踊りは要らないですね(笑)
↓ ↓ ↓
Eighteen / 松田聖子
# by nowhere1967 | 2017-07-23 22:50 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

先週、
このような詐欺メールが届きました。

当然無視ですが、こんなメールが届くといい気持ちはしませんね。
このようなメールが届くのは久しぶりですが、
今どき珍しいです。


※本通知は『法的証拠能力のある電子署名付き証明書』、『電磁的記録又は文書に準ずる物件』であり、民事訴訟法第231条にて「準文書」に相当し、「文書と同等に扱うもの」になり、民事・刑事の訴訟では「証拠能力を有するもの」となります。

当職らは貴殿の登録情報のある情報サイトにおいて利用料金の未納が続いた為、提携信用情報機関により回収の任を承りました。

《XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX@docomo.ne.jpへの通知理由》
登録状態にあったWEBコンテンツにおいて利用意思が無くなった際に「自身のアドレスを記載して解約希望」と申請せずに放置した事による料金

貴殿(本メールアドレス所有者)はWEBContents(インターネット上における電子商取引に基づいた有料サイト及び無料期間を設けた月額制サイト)ご登録後、無料期間終了後に正式な解約処理を行わないまま放置をされ
現在、利用料金を滞納している状態となっております。

電子商取引による利用履歴に基づき、貴殿に対して利用料金のお支払については、再三のインフォメーション内の督促通知にてお知らせしていたにもかかわらず、支払いがなく、現在多額の延滞金が発生しております。
2017年6月12日現在
未納金総額
(【798.500円】 )
※個人情報に配慮し一部非表示※
※遅延金等を含む

つきましては、未納分及び延滞損害金をお支払頂く様本状にて勧告とし、貴殿に穏便に問題解決する意思がある場合は、当方にて合意解約(和解契約)の手続きを行えるよう手配致しましたのでご確認ください。

■合意登録解除とは■
本通知確認後、速やかに本状より登録の解除の申請を行った場合は、利用者の意思を尊重し、発生している未納金および損害金の支払いが免除され、登録情報の削除が行えます。
当方での代行手続きにより該当コンテンツの解約処理完了時に本状および貴殿の個人情報は削除され、当該請求が停止および免除となります。
完了時、希望する場合にはデータ消去証明書等を発行します。
合意解約によりコンテンツ管理元との債権債務が解消され、貴殿との和解が成立します。

↓申請の手続き方法↓
継続利用の意思が無く未納分の支払い免除措置を希望する場合は、本状を閲覧後、本メールに「合意登録解除」と記入の上そのままご返信下さい。

※必ず本状が受信されたアドレスからご返信下さい。
その他のアドレスからではご本人確認が取れず申請が無効となります。

尚、このまま和解手続き、および支払い意思の連絡、いずれかのご返答が確認できなかった場合は債権回収三次団体への委託処分となります。
債権回収三次団体は国からの認可を受け、合法的な強制処分を執行できる機関となります。

1.ご口座及び給与の差押え
2.所有財産(ご自宅、家財、車)の競売処分
3.自宅への訪問及びご自宅のポスト及びドア等への督促状の貼り付け
4.ご親族、職場へのご連絡と代理返済の要求
を代理人弁護士を通じて法的手続きによる執行と致します。
このような事態にならないよう貴殿の速やかな対応をお願い致します。

※ご自宅訪問の際は財産物の強制没収と売却が行われます。
(テレビやパソコン、携帯電話など生活必需品以外の全ての財産物を強制売却致します)

上記のように、手続きを拒否した場合認可団体へ債権が委託され日常生活に支障をきたし、更に親族や知人にまで多大な迷惑がかかる事となります。
貴殿の速やかな対応が予期せぬトラブルを防ぎ、これ以上の請求の発生を防ぐ唯一の手段となりますのでご対応の程、お願い申し上げます。

以上



で、この詐欺メールのツッコミどころ。
請求金額をよ~くご覧ください。
「798,500円」ではなくて「798.500円」なのですね。
798円50銭?(笑)

798円ごときの請求なのに所有財産の競売処分ってねぇ。
テレビやパソコンが生活必需品なのか、その辺の判断基準はどうなりますかね。
# by nowhere1967 | 2017-06-18 22:53 | 雑文 | Trackback | Comments(4)

東北電力を装った電話

先日、東北電力コールセンターと名乗る不審電話がありました。
女性でした。

料金プランを見直すと電気料金が安くなりますということを言われました。
後ほど訪問する人から電話があるので対応してくださいと。
電話の最後に年齢を聞かれたので、ちょっと疑問に感じましたね。

しばらくすると訪問担当と称する人から電話が。
こちらは男性。

どうして安くなるのかと聞いても、
回りくどい言い方をして一向に要領を得ません。

「分かりやすく言っていただけますか?」と言ったら
ぼろを出したのです。
エコキュートにすれば安くなりますというようなことを言い出しました。
最初からそれが目的だったのでしょう。

エコキュートを設置するつもりなどないと断りました。

念のため東北電力コールセンターに電話をして問い合わせたところ、
そのような電話はしていませんとのことでした。

有名企業の名前を出されるとつい信用してしまいそうになりますが、
このようなこともあるので気をつけないといけませんね。
# by nowhere1967 | 2017-06-11 22:57 | 雑文 | Trackback | Comments(2)

男と女 ~野宮真貴、フレンチ渋谷系を歌う。

野宮真貴 / ユニバーサル ミュージック


このところ5月とは思えない暑さですね。

先日、久しぶりに自分で洗車しました(笑)
思いついたときにガソリンスタンドで洗車してもらうことが多いです。

自分で洗車していると、
今まで気づかなかった傷とかを発見してショックを受けたりすることがあります。
今回もそうでした。
元々中古で買った車ですので、その辺は仕方ないと割り切るしかありません。

さて、今回も野宮真貴のアルバム。
今月新作が発売になったというのに昨年の作品を。

2枚組ですが、
Amazonでのレビューで他の人も書かれていますが、
Disc2のライヴ盤の方がメインだと感じてしまいます。
Disc1の方がおまけみたいです。

盆踊りバージョンはあってもなくてもいいような・・・。

年齢を重ねて声が出なくなったりする人もいる中、
変わらない歌声を聴かせてくれます。
# by nowhere1967 | 2017-05-22 14:27 | 雑文 | Trackback | Comments(2)

あるコンビニのポイントカードサービスに加入しています。

そこから感謝を込めて、みたいな感じで
無料保険の案内が届きました。

ですが、普通に医療保険に入っていれば必要ないレベル。

怪我で5日以上入院すると一時金として3万円がもらえるらしい。

保険料は無料。

う~ん。
なんだか裏がありそうですね。

加入すると
取り扱い保険会社に個人情報が行って、
その保険会社からDMが届くようになるという構図でしょうか。
保険商品の案内やら勧誘やら。

それでもいいと割り切れるのであれば、
無料ですし受け取ってもいいのでしょうけど。

ということで、
無料保険の加入は見送ることにします。
# by nowhere1967 | 2017-05-03 22:55 | 雑文 | Trackback | Comments(4)

世界は愛を求めてる。 What The World Needs Now Is Love~野宮真貴、渋谷系を歌う。~

野宮真貴 / ユニバーサル ミュージック


少し間が空いてしまいました。
極力2週間に1回、月に2回は更新しようと思っていますが、
できないときはできないと開き直っていきます(笑)

近況ですが、
この先もう聴くことはないであろうCDを整理しています。
そして、ブックオフに売りに行っています。

まぁ、これが物によって300~500円くらいになるものがあれば、
10円くらいにしかならないものもあります。

要らないCDを処分してもらうと思えばいいのですかね。
増えすぎたCDを何とかしないといけません。

今回紹介するのは野宮真貴のアルバム、
『世界は愛を求めてる。~野宮真貴、渋谷系を歌う。~』

渋谷系というか、
良質なポップスを時代を問わずにカヴァーしているという感じでしょうか。
ユーミン、ナイアガラ、EPO、松田聖子から観月ありさ等々。

アルバム・ダイジェストをどうぞ。
↓ ↓ ↓
アルバム・ダイジェスト
# by nowhere1967 | 2017-04-10 13:39 | 雑文 | Trackback | Comments(2)

That's All / Genesis

先週の3月14日で、
なんとこのブログを開設してから13年となりました。

よくもまぁ、続いたものです。

開設当初はアクセス数を気にしていたりしましたが、
今はもう、そんなのはどうでもよくなっています(笑)

ほぼ毎日のようにブログを更新していた方もいましたが、
今、その方のブログは更新されなくなっています。
それも仕方のないことですかね・・・。

ブログも一時期に比べると廃ってきているということでしょうか。

とはいえ、これからも細々とではありますが、
ブログの更新を続けていきたいと思っています。

特に意味はありませんが、
ジェネシスの「That's All」が頭の中を流れましたので、どうぞ、
↓ ↓ ↓
That's All / Genesis
# by nowhere1967 | 2017-03-20 14:30 | 雑文 | Trackback | Comments(4)

EVERYDAY BACH

エヴリディ・バッハ~究極のバッハ・ベスト

オムニバス(クラシック) / ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル


小、中学校での音楽の授業は嫌いでした。
歌うのはまだしも、リコーダーとか楽器の演奏は苦手でした。
そんな中、レコード鑑賞(レコードというのが時代を感じますが)の
時間だけは好きでした。
そのときの名残もあるのか、
今でも時々クラシックを聴きたくなり、聴いています。

クラシックの作曲家で一番好きなのはモーツァルトです。

では、その次に好きな作曲家はといいますと。
バッハですかね。

ということで最近ネットで見つけた「エヴリデイ・バッハ」。
7枚組というボリュームで3000円。

これはなかなかお買い得かと。

7枚組というのは意味があり、
日曜日から土曜日までの7日間、
その日の気分に合わせて楽しみましょうということですね。

気軽にバッハを聴くことにします。
# by nowhere1967 | 2017-03-12 23:29 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

ニューイヤー・コンサート1992

カルロス・クライバー / SMJ


先日、
カーラジオから
1992年のニューイヤー・コンサートの音源が流れてきました。
指揮はカルロス・クライバー。
1989年に登場したことは知っていましたし、そのときのCDを
持っていますが1992年にも登場していたことは知りませんでした。

実は最近クラシックを少しばかり聴いていたりするので、
1992年盤も聴いてみたくなりAmazonに注文。

クライバーは独特の動きなので映像を観ても楽しめるかも。

Amazonといえば、
ネット通販の普及もあり運送会社も大変なようですね・・・。
# by nowhere1967 | 2017-02-27 13:40 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

Don't Let The Sun Go Down On Me

かねてから通知がありましたが、
エキサイト・ブログのガラケー向けのサービスが
本日の正午をもちまして終了しました。

ということで携帯からはエキサイト・ブログを見ることができなくなりました。
仕方ないですね。
パソコンから見ます。

昨年は多くのミュージシャンが亡くなった年でしたが、
年末にはジョージ・マイケルが。
まだ若いですし、
亡くなったというニュースでジョージ・マイケルの
名前を耳にするというのも悲しいものがありました。

エルトン・ジョンとジョージ・マイケルがライヴ・エイドで共演した
「Don't Let The Sun Go Down On Me」をどうぞ。
 ↓ ↓ ↓
Don't Let The Sun Go Down On Me
# by nowhere1967 | 2017-02-06 13:21 | 雑文 | Trackback | Comments(3)

BLUE & LONESOME / ROLLING STONES

【早期購入特典あり】ブルー&ロンサム(通常盤)【特典:ザ・ローリング・ストーンズ特製2017カレンダー(B2ポスター仕様)】

ザ・ローリング・ストーンズ / Universal Music =music=


いまだに従来型携帯電話、俗に言うところのガラケーを使っています。
ガラケーからエキサイト・ブログを見ることもあるのですが、
エキサイト・ブログは2月6日にガラケー向けのサービスを終了するとのこと。
ということはガラケーからはエキサイト・ブログを見ることができなくなるのですね。

これだけでなく、ガラケー向けのサービスが次々に終了する傾向にありまして、
ガラケー使用者としては寂しいかぎりです。

かといって今すぐにスマホにするつもりもありません。
もうしばらく現状のままでいいと思っています。

さて、スタジオ・レコーディング・アルバムとしては11年ぶりとなる
ストーンズの新作。

ブルースのカヴァー・アルバムとなっています。

う~ん、
正直、1回目通して聴いたときは、
良くも悪くもないという、こんなものかなという
なんとも微妙な感じでした。
何度か繰り返し聴いているうちに良さが分かってくるタイプの作品なのかも。

まだまだストーンズが新作を出してくれるというのは嬉しいことですけど。

原点回帰ということなのでしょうが、
もし次作を期待してもいいのなら、
オリジナル作品のアルバムを出してほしいものです。
# by nowhere1967 | 2017-01-23 13:04 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK -The Touring Years DVD スタンダード・エディション

KADOKAWA / 角川書店


昨年の大晦日にDVDを観ました。
まさか今になってビートルズの新作映画を観ることになるとは。

予想通りといいますか、
ほぼ知っているエピソードで映画は進行していきました。

断片的ではありますが、
観たことのないライヴ映像を観ることができました。

その中にあって、
印象に残ったことが2点。

まずは、
人種差別の行われている会場では演奏しないと主張したこと。

そして、
最後のライヴとなったキャンドルスティック・パーク。
会場から去るときに乗せられたのは
なんと囚人護送車。

警備上の問題もあったのでしょうが、
それにしても扱いの悪いこと・・・。

ビートルズがライヴ活動をしている時期のことを中心に扱った
映画だと思っていたので、
まさかライヴ活動終了後のことも扱っているとは
思いませんでした。

ただし、かなり駆け足的な扱い。

駆け足的な扱いになるくらいでしたら、
いっそのこと扱わなくてもよかったのではないでしょうか。

あくまでもライブ活動期だけを扱えばよかったのでは。

もっとライヴ映像を観たかったとは思いますが、
ドキュメンタリー映画ですので
これは仕方がないです。

今のように機材に恵まれていなくて、
劣悪な環境の中であれだけの演奏をするのですから、
凄いバンドだったのですね。
# by nowhere1967 | 2017-01-09 23:01 | ビートルズ | Trackback | Comments(0)

明けました

2017年、明けましておめでとうございます。

このところ、更新ペースが落ち込んでいますが
今年もマイペースで更新していきます。

なんとか週1ペースで更新できたらいいのですが。

まぁ、なんだかんだいって月1くらいの更新になったりするのでしょうか。
せめて2週間に1回くらいを目指そうと思います。

昨年の印象的なできごとは。
1月の大雪による大渋滞ですね。

最終的に職場にたどり着くことができなかったという。
途中で引き返しました。

午後2時に家を出て、
帰宅したのが午後8時半ころ。
6時間半も車に乗っていました。

今年はこのようなことがないことを祈ります。

音楽のネタばかりでなく、
日常のこともブログに書けばいいのかな。

そうすれば少しは更新頻度も増えることでしょう。
とはいえ、無理のない範囲でいきたいと思っています。

ということで、今年もよろしくお願いします。
# by nowhere1967 | 2017-01-02 23:09 | 雑文 | Trackback | Comments(2)

12月のできごと

なかなか更新できずにいますが、
ここで頑張って更新します(笑)

まず、このブログのスキンというのですか。
背景のデザイン。
今まで使用していたものが、
サービス終了となりまして。
デザインの変更を余儀なくされたのです。

デザインをいくつか試したのですが、
どうもしっくりきません。
とりあえずこのデザインにしておきます。

そして、車。
どうも異音がするなと。
金属音のような。
車の周囲をぐるりと1周。

なにげなくマフラーに触れると・・・。
なんとマフラーがぐらついているではありませんか。

これはいけないと、車屋さんへ。
錆によりテールパイプが折れていることが判明。
新しいテールパイプ、マフラーと交換。
余計な出費。

それと、プリンターを新しく買い換えました。
年に1回、年賀状を数枚印刷するだけですが・・・。
旧タイプですので、少し安く買えました。
今は複合機でも6000円台で買えるのですね。
Wi-Fi接続できるタイプですが、
設定に苦労しました(笑)

この際ですので、パソコンもWi-Fiで接続する設定にしました。
時代は変わりましたね。
# by nowhere1967 | 2016-12-24 23:58 | 雑文 | Trackback | Comments(2)

実況録音盤! 『野宮真貴、渋谷系を歌う。〜Miss Maki Nomiya Sings Shibuya-kei Standards〜』

野宮真貴 / SPACE SHOWER MUSIC


「渋谷系」というジャンル?があることを最近知りました。
僕が聴いていたピチカート・ファイヴもそうみたいですね。

他にコーネリアスとか、フリッパーズ・ギターとか、オリジナル・ラヴとか。
ピチカート以外は聴いたことがありません。

ピチカート解散後ソロとなった野宮真貴を聴いていなくて、
このたび聴いてみようと思い立ちました。

この作品は2013年のライヴ。
この時点で53歳ですが、歌声はピチカート時代のままですね。
声が若い・・・。
人によって好みはあるでしょうが、野宮真貴の歌声が好きです。

「渋谷系」に属する曲、渋谷系のルーツとなっている曲をカヴァーしています。
前述のコーネリアス、フリッパーズ・ギター、オリジナル・ラヴをはじめ、
越路吹雪、由紀さおり、トワ・エ・モア、松任谷由実、尾崎亜美など。

昔の曲もアレンジによるものなのか、野宮真貴の歌声によるものなのか、
古さを感じません。

アンコールで歌われた、
ピチカート・ファイヴ・メドレーもいいですね~。

ということで、他の作品も聴こうと思います。

ここでは尾崎亜美のカヴァー、「マイ・ピュア・レディ」をどうぞ。
↓ ↓ ↓
「マイ・ピュア・レディ」
# by nowhere1967 | 2016-11-28 11:44 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

REG STRIKES BACK / ELTON JOHN

REG STRIKES BACK

Elton John / ROCKE


洋楽を聴き始めたばかりの頃、
初めて買ったエルトン・ジョンのアルバムがこれなんです。
発売されたばかりで、リアルタイムということになります。

1988年の作品。
「REG」とはエルトン・ジョンの本名の愛称とのこと。
「REGの逆襲」といったところでしょうか。

1曲目からポップな曲を聴かせてくれます。
「Town Of Plenty」。
ピート・タウンゼントが参加。

「Japanese Hands」という気になるタイトルの曲も。
作詞のバーニー・トウピンが日本の印象を書いたのでしょうか。
悪いイメージでないことは確か。

エルトンがまだまだ健在であることを示してくれたアルバム。

ポップな曲、ロック、バラードとエルトン節を聴かせてくれます。

では、アルバム収録1曲目の「Town Of Plenty」をどうぞ。
 ↓ ↓ ↓
「Town Of Plenty」
# by nowhere1967 | 2016-11-14 11:07 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

Johnny B Goode

日常のことなどでお茶を濁しておきます。

先日、調子の悪くなったCDプレーヤーを家電量販店に持ち込んで
修理を依頼しました。

次に、その店とは別の家電量販店に行きました。
その店で「あんしんパスポート」を作りました。
それを買う前に見せると少し値引きしてもらえたりするらしいです。

発行手数料等は無料のはずなのですが、
店員に「22,500円になります」
と言われたので
「?????」でしたね。

どうやらプリンターを買った人と間違えられたようです。
でも近くに僕以外の人はいなかったような。
プリンターを買った人はどこへ?

YouTubeで見つけたので貼り付けておきます。
チャック・ベリーとジョン・レノンで「Johnny B Goode」です。
↓ ↓ ↓
Johnny B Goode
# by nowhere1967 | 2016-10-10 22:59 | 雑文 | Trackback | Comments(2)

フラワーズ・イン・ザ・ダート

ポール・マッカートニー / EMIミュージック・ジャパン


最近ノートパソコンが壊れて、修理に出しました。

そして、今度はCDプレーヤーが壊れたようです。
CDを再生中、突然止まります。
一度、CDをトレイから出して再セットしても
「NO DISC」の表示。
何度かセットし直すと読み込むのですが、
再生すると、しばらくしてストップ。
これは修理に出すしかありません。

買ってから2年半ほどですが、
お金を払って5年保証を付けているので、
修理費はかかりません。

壊れる前に、
久しぶりに聴いたポールの
『FLOWERS IN THE DIRT 』。

何年ぶりに聴いたことでしょう。

『PRESS TO PLAY 』がポールにしてはハードな音でしたが、
このアルバムはポールらしい音で、
なかなかにいい作品だと思うのですが。

エルヴィス・コステロと4曲共作している点も「売り」ですね。

多くの曲で共同プロデューサーを迎えているのも
珍しいですね。

ですが、
不思議なことに6月に発売になった
4枚組ベスト盤『PURE McCARTNEY』に
このアルバムから1曲も選曲されていないという・・・。
謎です。
# by nowhere1967 | 2016-10-03 11:42 | ビートルズ | Trackback | Comments(2)

このところすっかり更新の頻度が落ちています。

で、今更ですが
リオ・パラリンピックの閉会式。

ハイライト的なのを観ただけですが、
そこで「東京は夜の7時」が流れたのには驚きました。

次回は東京開催だから、
そういった演出になったのでしょうけど。

まさかこの曲とは。
↓ ↓ ↓ 
東京は夜の7時
# by nowhere1967 | 2016-09-26 12:58 | 雑文 | Trackback | Comments(2)

ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル

ザ・ビートルズ / Universal Music =music=


ついに発売となりました。
長い間CD化されるのを待っていました。

もう26年くらい前になりましょうか。
友人からLPレコードからカセットテープにコピーした音源を
1回だけカーステレオで聴かせてもらいました。

さすがにそのときの記憶がありません。
曲順ですとか、音質など。
聴かせてもらったという記憶しかありません。

公式盤だけあって、
今まで聴いた海賊盤と違い音がいいです。
思った以上にポールのベース、リンゴのドラムが聞こえます。

おそらく歓声は処理されて抑えられているのでしょう。

LPレコードとの違いは分りませんが、
歌声はよく聞こえますし、
歓声で自分たちの演奏も聞こえない中、
あれだけの演奏ができるのですから、
さすがです。

曲の間も歓声が鳴りやまない点が
いつも聴き慣れているライヴ盤とは異質な感じです。

ビートルズが残してくれた唯一の公式ライヴ盤が
こうしてCD化となり喜ばしいかぎりです。

が、ジャケットはLPレコードのものを
そのまま使った方がよかったと思うのですが・・・。
# by nowhere1967 | 2016-09-12 12:47 | ビートルズ | Trackback | Comments(2)