実況録音盤 野宮真貴、渋谷系を歌う。 / 野宮真貴

実況録音盤! 『野宮真貴、渋谷系を歌う。〜Miss Maki Nomiya Sings Shibuya-kei Standards〜』

野宮真貴 / SPACE SHOWER MUSIC


「渋谷系」というジャンル?があることを最近知りました。
僕が聴いていたピチカート・ファイヴもそうみたいですね。

他にコーネリアスとか、フリッパーズ・ギターとか、オリジナル・ラヴとか。
ピチカート以外は聴いたことがありません。

ピチカート解散後ソロとなった野宮真貴を聴いていなくて、
このたび聴いてみようと思い立ちました。

この作品は2013年のライヴ。
この時点で53歳ですが、歌声はピチカート時代のままですね。
声が若い・・・。
人によって好みはあるでしょうが、野宮真貴の歌声が好きです。

「渋谷系」に属する曲、渋谷系のルーツとなっている曲をカヴァーしています。
前述のコーネリアス、フリッパーズ・ギター、オリジナル・ラヴをはじめ、
越路吹雪、由紀さおり、トワ・エ・モア、松任谷由実、尾崎亜美など。

昔の曲もアレンジによるものなのか、野宮真貴の歌声によるものなのか、
古さを感じません。

アンコールで歌われた、
ピチカート・ファイヴ・メドレーもいいですね~。

ということで、他の作品も聴こうと思います。

ここでは尾崎亜美のカヴァー、「マイ・ピュア・レディ」をどうぞ。
↓ ↓ ↓
「マイ・ピュア・レディ」

# by nowhere1967 | 2016-11-28 11:44 | 音楽 | Trackback | Comments(0)  

REG STRIKES BACK / ELTON JOHN

REG STRIKES BACK

Elton John / ROCKE


洋楽を聴き始めたばかりの頃、
初めて買ったエルトン・ジョンのアルバムがこれなんです。
発売されたばかりで、リアルタイムということになります。

1988年の作品。
「REG」とはエルトン・ジョンの本名の愛称とのこと。
「REGの逆襲」といったところでしょうか。

1曲目からポップな曲を聴かせてくれます。
「Town Of Plenty」。
ピート・タウンゼントが参加。

「Japanese Hands」という気になるタイトルの曲も。
作詞のバーニー・トウピンが日本の印象を書いたのでしょうか。
悪いイメージでないことは確か。

エルトンがまだまだ健在であることを示してくれたアルバム。

ポップな曲、ロック、バラードとエルトン節を聴かせてくれます。

では、アルバム収録1曲目の「Town Of Plenty」をどうぞ。
 ↓ ↓ ↓
「Town Of Plenty」

# by nowhere1967 | 2016-11-14 11:07 | 音楽 | Trackback | Comments(2)  

Johnny B Goode

日常のことなどでお茶を濁しておきます。

先日、調子の悪くなったCDプレーヤーを家電量販店に持ち込んで
修理を依頼しました。

次に、その店とは別の家電量販店に行きました。
その店で「あんしんパスポート」を作りました。
それを買う前に見せると少し値引きしてもらえたりするらしいです。

発行手数料等は無料のはずなのですが、
店員に「22,500円になります」
と言われたので
「?????」でしたね。

どうやらプリンターを買った人と間違えられたようです。
でも近くに僕以外の人はいなかったような。
プリンターを買った人はどこへ?

YouTubeで見つけたので貼り付けておきます。
チャック・ベリーとジョン・レノンで「Johnny B Goode」です。
↓ ↓ ↓
Johnny B Goode

# by nowhere1967 | 2016-10-10 22:59 | 雑文 | Trackback | Comments(2)  

FLOWERS IN THE DIRT / PAUL McCARTNEY

フラワーズ・イン・ザ・ダート

ポール・マッカートニー / EMIミュージック・ジャパン


最近ノートパソコンが壊れて、修理に出しました。

そして、今度はCDプレーヤーが壊れたようです。
CDを再生中、突然止まります。
一度、CDをトレイから出して再セットしても
「NO DISC」の表示。
何度かセットし直すと読み込むのですが、
再生すると、しばらくしてストップ。
これは修理に出すしかありません。

買ってから2年半ほどですが、
お金を払って5年保証を付けているので、
修理費はかかりません。

壊れる前に、
久しぶりに聴いたポールの
『FLOWERS IN THE DIRT 』。

何年ぶりに聴いたことでしょう。

『PRESS TO PLAY 』がポールにしてはハードな音でしたが、
このアルバムはポールらしい音で、
なかなかにいい作品だと思うのですが。

エルヴィス・コステロと4曲共作している点も「売り」ですね。

多くの曲で共同プロデューサーを迎えているのも
珍しいですね。

ですが、
不思議なことに6月に発売になった
4枚組ベスト盤『PURE McCARTNEY』に
このアルバムから1曲も選曲されていないという・・・。
謎です。

# by nowhere1967 | 2016-10-03 11:42 | ビートルズ | Trackback | Comments(2)  

東京は夜の7時 / Pizzicato Five

このところすっかり更新の頻度が落ちています。

で、今更ですが
リオ・パラリンピックの閉会式。

ハイライト的なのを観ただけですが、
そこで「東京は夜の7時」が流れたのには驚きました。

次回は東京開催だから、
そういった演出になったのでしょうけど。

まさかこの曲とは。
↓ ↓ ↓ 
東京は夜の7時

# by nowhere1967 | 2016-09-26 12:58 | 雑文 | Trackback | Comments(2)  

LIVE AT THE HOLLYWOOD BOWL / THE BEATLES

ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル

ザ・ビートルズ / Universal Music =music=


ついに発売となりました。
長い間CD化されるのを待っていました。

もう26年くらい前になりましょうか。
友人からLPレコードからカセットテープにコピーした音源を
1回だけカーステレオで聴かせてもらいました。

さすがにそのときの記憶がありません。
曲順ですとか、音質など。
聴かせてもらったという記憶しかありません。

公式盤だけあって、
今まで聴いた海賊盤と違い音がいいです。
思った以上にポールのベース、リンゴのドラムが聞こえます。

おそらく歓声は処理されて抑えられているのでしょう。

LPレコードとの違いは分りませんが、
歌声はよく聞こえますし、
歓声で自分たちの演奏も聞こえない中、
あれだけの演奏ができるのですから、
さすがです。

曲の間も歓声が鳴りやまない点が
いつも聴き慣れているライヴ盤とは異質な感じです。

ビートルズが残してくれた唯一の公式ライヴ盤が
こうしてCD化となり喜ばしいかぎりです。

が、ジャケットはLPレコードのものを
そのまま使った方がよかったと思うのですが・・・。

# by nowhere1967 | 2016-09-12 12:47 | ビートルズ | Trackback | Comments(2)  

パソコン復活

先週ノートパソコンを修理に出していました。

買ってから半年とちょっとしか経っていないのですが
起動できなくなり、メーカーのサポートに電話。
先方の言う通りに操作しても回復の見込みがないということで、
その時点で修理に出すことに。

そして3日の土曜日に戻ってきました。
戻ってきたらきたで、いろいろと大変でした(笑)

ハードディスクを交換したので、
まったくの初期状態で戻ってきたのです。

そうです、買ったときの状態ですね。

設定を最初からし直しでした。

そこで、ちょっと分らないことがありまして。

マイクロソフト社のサポートに電話したりして。

そうしたら、なんと今の時代は進化しているのですね。
遠隔操作でこちらのパソコンを操作して
問題を解決してくれました。

これには感動しましたよ。

# by nowhere1967 | 2016-09-05 13:02 | 雑文 | Trackback | Comments(2)  

Beginning / 竹内まりや

BEGINNING

竹内まりや / BMGビクター


竹内まりやのデビュー・アルバム。

初期の作品ということで、
それほど期待しないで聴いたのですが、
いい意味で裏切られました。

初期の作品も侮れないです。

今でこそシンガーソングライターのイメージが定着しているのですが、
デビュー当初は自作曲は少なくて、
このアルバム収録曲では作詞、作曲がそれぞれ1曲ずつです。

作家陣は林哲司、加藤和彦、山下達郎、細野晴臣、杉真理など。

バックのミュージシャンにリー・リトナーですとか、マイク・ポーカロの名前が
あったりします。

1曲目に「グッドバイ・サマーブリーズ」と、
意外に地味な曲が。
どちらかというと2曲目の「戻っておいで・私の時間」の方が
1曲目にふさわしいような気がするのですが。

驚いたのは杉真理作曲の「目覚め(Waking Up Alone)」という曲。
聴いたことのある曲だなと思ったら、
そうそう『ナイアガラ・トライアングルVol.2』の
「ガールフレンド」と同じメロディーだと気づきました。
こちらが先だったのですね。
新たな発見でした。

細野さんは松田聖子の曲もそうですが、
あの風貌からは想像できない曲を書きますね。

アルバム収録曲「ムーンライト・ホールド・ミー・タイト」(杉真理作曲)をどうぞ。
↓ ↓ ↓
ムーンライト・ホールド・ミー・タイト

# by nowhere1967 | 2016-08-13 23:57 | 音楽 | Trackback | Comments(2)  

Mother Nature's Son / Sheryl Crow

自宅の雨漏りが酷いことになってきました。

築40年経過していますからね。
あちこち傷んでいますが、
さすがに雨漏りはいけません・・・。

先日業者に来てもらいました。
そこで屋根瓦の総葺き替えをすることに。

僕の住んでいる長岡市ではリフォーム工事に対して助成金が
支給される制度があるとのこと。

本来の募集期間は終了しているのですが、
まだ予算を全額使い切っていないので
まだ申請できるそうです。

で、申請してから許可が下りるまで3週間ほどかかります。

それまで工事はできません。


曲はシェリル・クロウがビートルズの「Mother Nature's Son 」をカバーしたものです。
↓ ↓ ↓
Mother Nature's Son

# by nowhere1967 | 2016-07-18 23:03 | 雑文 | Trackback | Comments(2)  

ORANGE EXPRESS / 渡辺貞夫

オレンジ・エクスプレス(期間生産限定盤)

渡辺 貞夫 / SMJ


CDはAmazonで買うことが多くなり、
CDショップで買うことは少なくなりました。

今回はCDショップのポイント有効期限が迫ってきたので、
その前にということで久しぶりにCDショップへ。
ポイントは1000円ほどですので、無駄にするわけにはいきません(笑)

そこで、見つけたのが渡辺貞夫の『ORANGE EXPRESS 』。
期間生産限定盤で1080円。

マーカス・ミラー等の強力なリズム・セクションをバックに
渡辺貞夫のプレイもノリノリ。

アルバム収録曲のSTRAIGHT TO THE TOPを。
↓ ↓ ↓
STRAIGHT TO THE TOP

バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻

シフ(アンドラーシュ) / ユニバーサル ミュージック


そして、もう1枚お買い上げ。
バッハの「平均律クラヴィーア曲集 第1巻」

前々から聴いてみたいと思っていて、
今回店頭で見つけたのでこれを機に。

たまにはクラシックもいいものです。

# by nowhere1967 | 2016-07-04 12:55 | 音楽 | Trackback | Comments(2)  

PURE McCARTNEY

ピュア・マッカートニー~オール・タイム・ベスト(デラックス・エディション)(限定盤)

ポール・マッカートニー / Universal Music =music=


先日発売となりました、ポールのベスト盤。
僕は4枚組のデラックス・エディションを購入しました。
さすがに4枚を一気に聴くのは厳しいので
昨日は2枚だけ聴きました。
正直言いますと、
2000年になって以降のポールのアルバムは聴いていなかったりします。
それらの曲を含め、
過去の曲も聴き直すとしましょう。

# by nowhere1967 | 2016-06-13 12:59 | 音楽 | Trackback | Comments(3)  

While My Guitar Gently Weeps

話は全然タイトルと関係ないことから始まります。

まず、昨日行われた第83回日本ダービー。
一夜明けた今になっても、
改めていいレースだったなと思います。

気になる馬が何頭もいて、絞りこむのも難しかった。

最終的にはサトノダイヤモンドを軸にしてワイドで買いました。
皐月賞からの上昇度はこの馬が一番かなと思って。
落鉄があったのは残念ですが、これも競馬ということでしょう。

2点的中したのですが収支的には50円のマイナスという
よくあるパターンになりました。
収支はマイナスでも素晴らしいレースを観ることができ、満足です。

青葉賞、京都新聞杯を勝ってダービーに臨んだ馬もいたのですが、
終わってみれば皐月賞組が強かった。

さて、曲は「While My Guitar Gently Weeps」
2004年3月15日、ロックンロール・ホール・オブ・フェイムの式典で演奏されたときの
映像です。
先頃亡くなったプリンスが曲の後半でギター・ソロを弾いています。
↓ ↓ ↓
While My Guitar Gently Weeps

# by nowhere1967 | 2016-05-30 12:57 | 雑文 | Trackback | Comments(2)  

I Still Do / Eric Clapton

アイ・スティル・ドゥ

エリック・クラプトン / ユニバーサル ミュージック


またまた1ヵ月更新をさぼってしまいました。
週1くらいの更新を目指していたのですが、
こうなってくると月1ですかね(笑)

先日クラプトンの新作が届きました。

軽く聴きながす程度にしか聴いていないのですが、
全体的に静かといいますか地味な感じ。
スローな曲が多いかな。
アコースティックなサウンドに感じました。
クラプトンらしいギター・ソロもありません。
ちょっと厳しい言い方をすれば、
アルバムを通してメリハリがないといいましょうか。
みんな似たような曲に聴こえてしまいました。

1度しか聴いていませんし、
何度か聴き込めば印象が変わるかもしれません。

ボブ・ディラン、ロバート・ジョンソン、J.J.ケイルのカバー。
そしてクラプトンによるオリジナルの曲は2曲。

プロデューサーはグリン・ジョンズです。

70歳を超えたクラプトンの境地ですかね。

なお、日本盤にも歌詞カード対訳がありません。
アーティスト(クラプトン)の意向だそうです。

# by nowhere1967 | 2016-05-23 13:00 | 音楽 | Trackback | Comments(3)  

Sometimes It Snows In April

パレード

プリンス&ザ・レヴォリューション / ワーナーミュージック・ジャパン


約1ヵ月更新しませんでした。
もう4月も終わりだというのに。

久しぶりの更新が訃報というのもどうかと思うのですが。

今度はプリンスですか・・・。
57歳ですので、早すぎます。

『Parade』の最後に収録されている「Sometimes It Snows In April」を。
↓ ↓ ↓
Sometimes It Snows In April

# by nowhere1967 | 2016-04-24 23:05 | 雑文 | Trackback | Comments(2)  

DEBUT AGAIN / 大滝詠一

DEBUT AGAIN(初回生産限定盤)

大滝 詠一 / SMR


まさか大滝さんの新しい音源を聴くことができるとは思っていませんでした。

32年ぶりの新作と言っていいのですかね。
「デモ音源」を集めたものですが、
「セルフ・カバー集」として楽しめます。

といいますか、デモにしては完成度が高いです。
立派な一作品として成立していると思います。

この作品に対しては賛否両論あるようですが、
ここは好意的に受け止めます。

やはり松田聖子の「風立ちぬ」ですかね~。
これを大滝さんヴァージョンで聴けるのは感動ものです。
ライヴなので、ややラフな感じですが。

どうせなら、このライヴの音源をリリースしてくれませんかね。

「うれしい予感」と「怪盗ルビイ」は聴いたことがなかったので
新鮮でした。
アニメ系、映画系には疎いので、
提供したことは知っていたのですが、
聴く機会がないまま今日に至っていました。

「探偵物語」の頃は高校1年生だったよな、
とか懐かしい気分になりました。

このような音源を残していてくれた大滝さんに感謝です。

# by nowhere1967 | 2016-03-26 23:56 | 音楽 | Trackback | Comments(4)  

Lakai / Casiopea

寝台特急カシオペア、
下り最終列車が昨日(19日)上野駅を出発したということが
新聞に載っていました。

僕は鉄道に興味がなく、
カシオペアといえばフュージョン・バンドの「カシオペア」
ですね。

野呂、向谷、櫻井、神保の頃がよかった。
それも1984年頃までがよかったです。
↓↓↓ 
Lakai

# by nowhere1967 | 2016-03-20 22:58 | 音楽 | Trackback | Comments(0)  

12年

昨日(3月14日)で、当ブログ開設12年となりました。

軽い気持ちで始めたこのブログ。
もう12年ですか。
早いものです。

1台目のパソコンで始めたのですが、
現在3台目だったりします。

それだけ月日が流れているということですね。

これからも細々と続けていきます。

よろしくお願いします。

# by nowhere1967 | 2016-03-15 23:01 | 雑文 | Trackback | Comments(2)  

想定外

現在乗っている車は、
ある事情により
買うことを余儀なくされて、4年前に中古で買ったものです。

買う時点で、
あちこち傷だらけでしたが、
とにかく走ればいいということで、この車に決めました。

バンパーがあまりにも酷い状態でしたので修理してもらいました。

その他にも錆びている部分があったのですが、
走りには影響ないと思い、そのままにしていました。

その錆びている部分が
ここにきて酷い状態になり修理に出すことにしました。

左後部のタイヤの上部、フェンダーというのですか。
そこの部分が腐食した状態。

車検のときに見積もりをしてもらいました。

で、その見積もりで驚きの金額を告げられました。

本格的に直すのであれば、15万円ほどですと・・・。

15万・・・。

5万円くらいかなと予想していたのですが、
それを大きく上回る金額。

パネルごと取り替えるというもの。

錆びている部分を削って、
塗装するという方法だと7万円ほど。

ただし、この方法では後々また錆が出てくるかもしれませんとのこと。

う~ん。

登録が2004年の車ですし、
この先何年乗ることができるのか分からない車に
15万円の修理費は出せないなぁ。

車検で8万円ほど払っているし。

ということで、
安い方の修理にしました。

1~2年後にまた錆が出るかもしれないと言われましたが、
そのときはそのときです。

# by nowhere1967 | 2016-03-06 22:55 | 雑文 | Trackback | Comments(2)  

IN THE BLINK OF AN EYE 1977 - 2011/TOTO

オールタイム・ベスト ~イン・ザ・ブリンク・オブ・アイ

TOTO / SMJ


TOTOのオールタイム・ベスト盤を購入しました。

2011年5月に発売されているのですが
ブルースペックCD2の仕様にグレードアップして
低価格化で再発売したもの。

当時は東日本大震災直後に発売ということもあるのでしょう。
マイク・ポーカロ氏のメッセージ・コメントが掲載されています。
「この度日本をおそった痛ましい震災に際し、困難な状況に立ち向かう
皆さんの姿勢にとても感銘を受けています。」(抜粋)

今となってはマイク・ポーカロ氏も故人となっており、
このメッセージは感動的です。

『HYDRA』から1曲しか収録されていないのは
少しばかり残念ではありますが、
選曲はなかなかいいのではないでしょうか。
スティーヴ・ルカサーによる選曲監修です。 

オリジナル・アルバム未収録の曲が2曲収録されているのも嬉しい。

なにより音が良くなっています。
特に初期の曲が顕著です。
リマスターとブルースペックCD2仕様の効果でしょうか。

メンバーによる各曲解説も読み応えがあります。

曲順が発表された順ではなくて、
ランダムなのはどうですかね。

個人的には年代順の方がいいかなと思いました。
↓ ↓ ↓
Dune(Desert Theme)

# by nowhere1967 | 2016-03-01 22:50 | 音楽 | Trackback | Comments(2)  

学校では教えてくれない!国語辞典の遊び方

学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方

サンキュータツオ / 角川学芸出版


一昨年に新しく国語辞典を買ったのですが、
この本を読んだらもう一冊の国語辞典を買いたくなりました。

「国語辞典は二冊持て」というのが
この本の肝。

各社の国語辞典の特徴を分かりやすく紹介。

同じ言葉でも
国語辞典によって表現が違うことがあるのですね。

僕は一昨年に三省堂の「新明解国語辞典」を買いました。
これは、この本によりますと二冊目にふさわしいとか。
もちろん、一冊目としても十分な辞書です。

ただ、この辞書は「一言多い」傾向があるので、
人によっては好みが分かれるでしょう。

回りくどい説明になっている部分もあったりします。

それはそれで、この辞書の魅力だと思います。

そこで二冊目として、
オーソドックスな「岩波国語辞典」を買いました。

この二冊の組み合わせは、
この本のお薦めでもあります。

一冊目として「岩波国語辞典」、
二冊目に三省堂「新明解国語辞典」というのが
基本的な組み合わせ。

僕の場合、一冊目と二冊目が逆になりましたが。

二冊の組み合わせから言葉のニュアンスをかみしめるということですね。

とりあえず、
1日1回は辞書を引くようになりました。

# by nowhere1967 | 2016-02-23 22:52 | | Trackback | Comments(2)